プロフィール

mimu

Author:mimu
日々、丁寧に生活したいと思いながらも、二人の小さな男の子の育児生活で、千本ノックのような日々を過ごしています。             (^-^:)

「魂」は永遠の存在であること、宇宙がルーツであること、すべてがワンネスであることをベースに、続けたいと思います。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
宇宙のダンス2
前回の続きになります。

「もどってきたアミ~小さな宇宙人~」からの抜粋です。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉


「われわれはいま、銀河系、天の川の動きを見ているんだ。これからその動きがはなつ一つひとつの小片の音を聞いてみよう」


アミはそうじゅう桿(かん)のボタンを押した。円盤の内部はちょっと言葉では説明できないような音でいっぱいになった。高音と低音が混じり合うブンブンと唸るような音や口笛のような音、そしてはげしい雷鳴がそれにつづいた。稲妻のような閃光は竪琴(リラ)の音色を思わせた。

そして、さいごには、それぞれの音が感動的なハーモニーを奏で、まるでコンサートをくりひろげているようになった。


「銀河系はこんなふうに聞こえるんだよ。じゃ、こんどはスピードアップしてみよう」アミはゆっくりとボタンを押した。星の大集団がすごいはやさで動き出した。と同時に、どんどんひろがってゆく。


ぼくには、銀河系全体が、はっきりした意識をもったひとつの生命体のように感じられてきた。それはまるで光かがやく巨大なヒトデが、自分の奏でる音楽に合わせて、そのキラキラ光る触手を宇宙の四方にひろげておどっているかのようだった。

そうか――。こうして動きをはやくして見ていくと、コンサートもダンスもちゃんとハーモニーやメロディやリズムをもっているんだということが、はっきりとわかった…。

~中略~

アミはうやうやしく言った。
「いま、われわれは神の視点にかなり近いところにいる。でも、神は、われわれのようにたんに外からながめるのではなく、同時にすべての銀河系を踊りながら楽しんでいる。神じしんが何百万、何千万もの星雲に変化して、さらに、一つひとつの内部からながめているんだ。巨大な銀河系から、われわれやもっとずっと小さなものにまで――。愛によって、そのすばらしい精神を彼のすべての創造物といっしょに分かち合っているんだ」


◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

とてもワクワクするような表現ですよね!それで、これに関連する事をkeikoさんのblogから抜粋させて頂きます。

♪♫♬     ♪♫♬    ♪♫♬    ♪♫♬    ♪♫♬
     

ハトホルたちから見た地球人について興味深い見解があります。
へぇ~、そんな風に見えるんだ、わたしたちって自分のこと全然解ってないのね~!

『わたしたちには、人は光と音をともなった、渦巻く光の卵型のエネルギー場に見えます。肉体は渦巻く色彩と光を放つエネルギー場として「観察」され、ちらちらと光る星ぼしの銀河として映ります。あなたの個々の原子はまぶしい光を放つ星のミニチュアに、あなたの肉体器官は星団にそっくりです。渦巻くエネルギー場に囲まれたあなたがたの体はえもいわれぬ美しさです。・・・光のダイヤモンド多面体のような存在です。・・・』

彼らがとても危惧していることは、多くの人々が自分の周囲や体内のプラーナの質を低下させていること。原因は簡単ではないようです。例えば食べ物では、現在ほとんどの人が、死んだ食物を体内に入れているということや、感情体については感じることよりも知識に重点を置いた教育によって本来の能力が発現しなくなっていること。。。地球を深く傷つけたように、人の体も感情体も傷ついてしまってているようです。。。




『大いなる意識の変容とシフトの扉(ポータル)をくぐり抜け、新たなる意識の次元に到達しようと、あえてこの時期に地球にきている、人の姿をまとう兄弟姉妹のみなさんに対し、わたしたちは心からの感謝を表したいと思います。同時に、それがいかに困難で骨の折れる仕事か、また一方でどれだけやりがいのあることかを知るわたしたちは、あなたがたが超銀河意識の領域、すなわち繊細な生命の領域に仲間入りされるときを、いうなれば時間の対岸からもろ手を差し伸べて歓迎しようと待ちわびています。あなたがたに何らかのお役に立てればと願いつつ、大いなる謙遜をもってこの情報を託します。』(「ハトホルの書」より)

       hatohoru.jpg

♪♫♬     ♪♫♬    ♪♫♬    ♪♫♬    ♪♫♬

科学はすべての物質が固有振動を持っていることを発見しています。植物も動物も鉱物も人間の意識も固有振動を発しています。目にみえない(物質でない)音や光といった、すべての情報も固有振動、波動を持っています。

そして、万物は一体となってつながっているのでしょうね。だからこそ、私たちの意識の扱い方は、ある意味「フラジャイル こわれもの注意!」で丁寧に、意識的になったほうが良いようですネ人間の意識、意図することには、凄いパワーを秘めているようです。

     ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。



お金のいらない社会へ~ある一つの方法のご案内~
ACN 2012 Ascention Dream Team



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
――――――――――――――――――――――――――――――――――― 



スポンサーサイト
投稿日:2009/03/01
TR(0) | CM(0) | 不思議なこと | Page Top
宇宙のダンス1
前回のダイアモンドリングの映像を観て、「もどってきたアミ」の好きなシーンを思い出しました。このblogタイトルと同じ名前の章でした。弟4章「宇宙のダンス」より抜粋させて頂きます。


ginga.gif


◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

円盤が軽く振動した。
 
強烈な黄色い光がそうじゅう室の中をいっぱいに満たした。光は黄色からバラ色へ、さらにむらさき色へと変わり、明るい水色になった。

さいごに目のくらむような白色光になったかと思うと、とつぜんパッと消えた。そしてたえず変化しつづける外からの美しい反射光だけが、内部を照らしていた。


「まどの外を見てごらん」


ぼくたちは立ち上がってまどべに近づいた。外の光景は、鳥はだが立つほどすばらしかった。さまざまな色の光をはなつずばぬけて大きい星の大集団が、天空いっぱい螺旋状にばらまかれていた。

その一つの光の断片が、ゆっくりと動きながら遠のいていった。それは七色の光をはなつけむりのうず巻きのようだった。恒星、彗星、惑星…、色とりどりのくもはまるで綿菓子のようにも、燃えているガスのようにも見えた。

そして、まぶしい光の線(フィラメント)が長くのびると、うずを描きながら天空に吸いこまれるように消えていくのが見えた。


巨大な螺旋状のものが、まるで生きているかのようにどんどん大きくなってゆき、その中に点在する光が花火のようにパッと炸裂してはちって消えていった。

    ~つづく~



◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

ひらがなを多く使っていたり、読みがながもふってありますので、ぜひお子様にもおすすめです!我が家の御チビ君たちには、まだちょっと早そうです

     ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。



お金のいらない社会へ~ある一つの方法のご案内~
ACN 2012 Ascention Dream Team



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――  




投稿日:2009/02/28
TR(0) | CM(0) | 不思議なこと | Page Top
異星人と交流するイタリア人カヴァロ氏講演会での衝撃写真

UFO関連の記事が続きます。UFOは毎日、小さいものも大きいものもたくさん飛んでいるそうです。私たちの目に見えないようにすることも、簡単でしょうねきっと。「フォトン・ベルト レポート」より転載させて頂きます。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

 異星人と交流するイタリア人カヴァロ氏講演会での衝撃写真
カヴァロ氏

  
[フォトン・ベルト レポート] 第92号 2008/10/31
   宇宙の法則研究会 http://www.net-g.com/photon/reset.html
 

30日夜に20数年前から、地球からはるか遠く15億光年も離れているクラリオン星に住む人々と交流してきたタリア人・マウリツィオ・カヴァロ氏の講演会で1枚の「衝撃的写真」が公開されました。

その写真の上部には2基のUFOが写っていて、そのUFOの真下のちょうど写真の中央部に長方形の窓のようなものが写っている写真でした。

当日夜に進行役を務めた浅川嘉富氏の解説によると、なんとそれが「次元の扉」だというのです。UFOは地球外から何億光年離れた距離から移動して来るのに、次元を操作して瞬間的に移動するとは聞いていましたが、永年UFOを研究してきた浅川氏もこのような写真を見るのは初めてと興奮を隠すことなくお話されていました。

しかもその写真に写っている2基のUFOのうちの1基の機体の一部は、輪郭がボヤけて写っていました。解説をされた浅川氏は、その写真は「次元の扉」と時空を超えて飛行して来たUFOが5次元から3次元への次元転換をしている最中のUFOを捉えた珍しい写真だと語られ
ました。

この講演会が開かれた前々日の日にに浅川氏主催のカヴァロ氏を囲んでの歓迎の夕食会で、話題がスイスとフランスの国境の地下100メートルの場所に完成したばかりの世界最大の粒子加速器LHCについて及んだ時でした。

このLHCは今年の5月頃に完成し、9月に地球上で「ブラックホール」をつくる実験を開始しようとしたところ突然に故障し、実験が半年間延期となり再開は早くても2009年の春頃になると言われています。

実は実験がスタートする直前の時期に、加速器が建設された場所の上空に盛んにUFOが目撃されたこともあったので、カヴァロ氏にその話をしたところ、カヴァロ氏によるとなんと宇宙人が実験がきわめて危険なので中止させたと言うのです。

この加速器で「ブラックホール」をつくる実験については、この実験を敢行するときわめて危険だと問題視する声も世界中で上がっていました。インドでは実験が行われると地球が破滅すると噂が流れ、それをはかなんで17歳の女の子が自殺してしまうという悲劇的な事件まで起こっていました。

では、なぜ宇宙人はこの実験を中止させたのか。カヴァロ氏によるとこの装置を使って実験を行おうとした科学者たちは、実は3次元から4次元ないしは5次元へ移行出来る「次元の扉」をつくろうとしたので、その実験は地球にとっては危険だと判断した宇宙人が、装置を故障させ実験を中止させたというのです。

カヴァロ氏が交流を続けているクラリオン星人などは、楽々と「次元」をコントロールする技術を確立していますが、科学の発達が遅れている地球人が「次元」を操作するなんてもってのほかで、危険きわまり行為と宇宙人たちは憂慮しているのだとカヴァロ氏は言います。

では、この加速器が再び稼動する日が来るのかどうか。カヴァロ氏はその日は絶対に来ない、と断言します。

いまハリウッドで映画「トランスフォーマー」の監督マイケル・ベイによって、地球のアセンション(次元移行)をテーマにした「2012」が製作中です。ストーリーはひとりの科学者が「次元の扉」を開き5次元に向かい、3次元から5次元への移行を阻止するという内容の映画です。

やはり、この地球をいつまでも支配しようとする勢力にとっては、2012年の以前に起こる予定の「次元移行」は、やはり彼らにとっては困った事態なのでしょう。

映画「2012」の完成時期は2010年だと言われますので、実際に起こってくる「次元移行」に向かって人々の覚醒を何とか阻止するためを目的にこの映画は製作されているように思います。

いずれにしても、どのような手をつかっても地球と地球人類のアセンションは、数年以内に待った無しで始まる筈です。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

  ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

  【「幸福」についての言葉  書籍「もどってきたアミ」より】
  
   「それもとても重要なことだ。自分じしんに対する愛は、
         自分の幸福を探すことにつながる。

     他人(ひと)に対しての愛は、他人に奉仕すること、
       他人の幸福のためにはたらくことにつながる。

    このふたつの力はおたがいにバランスがとれているべきなんだ」


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
投稿日:2008/11/03
TR(1) | CM(5) | 不思議なこと | Page Top
人類とUFO

10月14日に起きるとされたファーストコンタクト(巨大宇宙船の出現)は、なかったようですが、そのメッセージの内容はとても良かったぁと思っています。きっと依存心さえ持たなければ、自分たちに役に立つものでしょう。

オーストラリアに住む霊能者のブロッサム・グッドチャイルドさん(私はこの名前がとても好きです)は、チャネリングの内容が現実に起こらなかったことで、彼女を信じた人たちの間には失望が渦巻き、2千通を超える抗議や怒りのメールが届いたそうです。

そのことで彼女は「世界にむかって14日の件で謝りを入れる動画」をUPしました。とても誠実な、サイキックでいてその名前のように純粋なこどものような方なのではないでしょうか?

この情報のおかげで、1日に空を何度も眺めた人も多かったことでしょう。私は過去に夜の星空を眺めて、なんとも言えないホームシックに陥ったような気分になり何度か泣いてしまったことがあります(笑)。空を見上げることそれだけでも、人々の意識を広げることになったかもしれません。

それに、やっぱりこの地球に平和が訪れてみんなが一体感を持った生活ができるよう意識することの大切さを多くの人が感じることができたと思います。

そして、自分たちが暮らすこの世界をよりよい方向に変えていくには、外からの救済が必要なのではなく、魂に目覚めて、自分なりのやり方で世界に働きかけていくことが必要なのだと感じることができました。ですからこの騒動?にも役割があったのでしょうね。

ところでUFOについて、とても興味深い絵画をご紹介します。キリスト教に関する絵画にはUFOが描かれているものが数多く存在するのだそうです。

ufoc1.jpg
1.「十戒を受け取るモーセ」ベルギーComte Dotremond所有
  十戒の石版を受け取るモーセの遠方にUFOの編隊が描かれています。

ufoc2.jpg
2.パウロ・ウッチェロ(1397-1475)天国からの神の使い。

ufoc3.jpg
3.7世紀のフレスコ画
   十字架のキリストの両脇に2機のUFOが描かれています。
        そのUFOを拡大すると顔が中に描かれていた。


ufoc4.jpg
4.「キリストの洗礼(キリストのパプテスマ)」
    フランスの画家 アート・デ・ゲルダー作

ufoc5.jpg
5.「聖母と聖ジョバンニーノ」フィリッポ・リッヒ(1406-69)作
 イタリア フィレンツエ ヴェッキオ宮殿

ufoc6.jpg
6.コソボ デチャーニー修道院 フレスコ画 14世紀

ufoc7.jpg
7.サンタ・マリア・マジョーレ聖堂の建立 国立カポディモンテ美術館蔵
     1430年 フローレンスのマゾリーノ・ダ・パニカーレ
       (ここに書かれているイエスキリストの肌の色と
        日の丸が書かれているのにお気づきでしょうか)

ufo8.jpg
8.14世紀フランス ノートルダム 聖母マリアを描いたタペストリー

ufoc9.jpg
9.イタリア モルタルチノ 聖ペトロ教会のルネッサンス時代の絵画
       1595年ボナベントウラ・サリンベーニ作「三位一体」


ufo10.jpg
10.「受胎告知」イタリア カルロ・クリベリ 1486年 
          ロンドン、ナショナル・ギャラリー蔵



「人類が地球外生命体によって作られた」と言う事は、真実のようなのです。このことを受け入れると、人類の進化のミッシングリンクも解明できそうですね。

その人類が、他の惑星から今の地球に移住して来た事も事実。更に、その人類の中で霊的に進化した人類が、現地球や他の惑星に共存しているのも事実だと言うことです。

7番目の絵、私は好きなのですが、こちらのキリストは肌の色が私たち日本人のようです。キリストは白人ではなく、有色人種ということが今まで隠されてきたのだそうです。

それと、9番の絵「三位一体」ですが、三位一体とは「御子・御父・聖霊」絶対3神の事だそうです。御父はヤハウェ、御子はキリストです。

絵では一番左にキリスト・真ん中がUFO・右側に人間ではない人間の形をした聖霊が描かれているのです。御父である、ヤハウェが何故UFOなのでしょう。つまり、地球外生命体が人類の御父であり、人類を創造した事を指しているのだそうです。�G���������͂��Ă�������

最後にUFOの画像を紹介します。私はこの画像ではないのですが、初めてYouTubeでUFOの画像を観た日の夢で、UFOが出現し、近づいたり、遠のいたり、距離感がよくわからない感じに動いていて、そうかと思ったらプラズマのような綺麗な光を放ち、2つに増えたと思ったら、さらに放電のように光を放ちながら細胞分裂のようにもの凄く数が増え、円陣を組んでいるように広がりました。でも、そうかと思ったらまた1つに戻ったりしてました(笑)。

もしかしたら、映像を観たら夢の中で、もしくは現実でUFOを見る人がいるかもしれませんよ!そうなったら面白いですネ。


2008年5月に撮られた衝撃的なUFO映像です。

この映像を撮影したのは夜勤のガートマンをしているYalcin Yalmanさんって人で、この人は同じようなUFOを2007年にも撮影しています。この映像は全部で2時間30分もあるそうですが、その全てをSirius UFO Space Science Research Centerで分析をした結果この映像が100%本物であるという結論が出たそうです。

今回の記事はサイト「Ascension2012」の記事を参考に作成させて頂きました。ありがとうございました。

     ブログランキングに参加しています。
       ←1クリックして応援おねがいします。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

  【「幸福」についての言葉  書籍「もどってきたアミ」より】
  
   「それもとても重要なことだ。自分じしんに対する愛は、
         自分の幸福を探すことにつながる。

     他人(ひと)に対しての愛は、他人に奉仕すること、
       他人の幸福のためにはたらくことにつながる。

    このふたつの力はおたがいにバランスがとれているべきなんだ」


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
投稿日:2008/10/25
TR(0) | CM(6) | 不思議なこと | Page Top
不動明王2
------------------------------------------------------------
           まずこちらの記事をごらんください。
     「お金のいらない社会へ~ある一つの方法のご案内~」
------------------------------------------------------------
 
       ca37.jpg
             大天使ミカエル

前回の「不動明王1」に続きます。

不動明王の本当のお名前は「大日大聖金剛如来」だそうです。(L.E.O-japan参照)聞き馴染みのある「大日如来」の化身だそうです。こうして漢字を見てみても、あの表情を思い浮かべると、いかにも光り輝く最強さですね。

絶対、救ってみせるという強い意志の現れの表情ですね。

真言宗では、不動明王は悪魔を降伏するために恐ろしい姿をされ、すべての障害を打ち砕き、おとなしく仏道に従わないものを無理矢理にでも導き救済するという役目を持っているそうです。

お姿は、目を怒らせ、右手に宝剣を持ち、左手に縄を持つ大変恐ろしい姿をしておられますが、そのお心は人々を救済しようとする厳しくもやさしい慈悲に満ちています。

みなさんの周りには、一見厳しくて近寄りがたいですが、実はとても親切で慈悲深いのではと思う方はいませんか?もしかしたら、不動明王の化身、またはそのエッセンスのようなものを表現させているのかもしれませんよ!そう思うと、また違った見方が出来て視野が広がるかもしれませんね。

Kagari ∞ Kazuki のブログから、『不動明王真言』をご紹介させて頂きます。

◉◎------------------------------------------------◎◉

光のマントラ その4 『不動明王真言』

マントラというものについて、
空海さんの言葉を借りて云うならば、

「真言とは摩訶不思議なものであり、
それを唱え続けることにより、
“悩み”や“迷い”を即座にして取り除くものであります。
一字に千の真理を含んでおりますので、
心を込めて真言を唱えるのならば、
あなたの身に、直ちにして奇跡が起こるでありましょう」

といいます。

そもそも、真言とは、分かりやすく
訳してはいけないものだと云われています。

それは、ある一定の周波数領域に達した者に密かに教える
ですので、秘密の教え = 密教 と云われます。

『エメラルド・タブレット』のような古文書が、
これもまた、ある一定の周波数領域に達しないと
暗号を読み取れないのと同様なことが云えます。

そういった意味で、今週取り上げたような記事を
ブログで更新することは命懸けです。

あと幾つかご紹介させて頂くかもしれませんが、
大変に恐縮でありながら、
このような機会を与えて頂きまして、
どうもありがとうございます。

もう、すべてが感謝でしかないです。

そんな、幾つかご紹介したマントラの中でも、
最強のマントラとして知られているのが、
この『不動明王真言』だと云われています。

不動明王さんは、大日如来さんの姿を変えた化身ですが、

仏教 = キリスト教 = ヒンドゥー教 

のそれぞれに当てはめますと、

不動明王 = 大天使ミカエル = インドラ

と同一存在ということになるでしょうか。


不動明王さんは、実の姿は、涙を流しています。

悪霊や低級霊など闇の存在に加担する者に対して、
うぬらは、私に、このような姿をさせてまでしても、
分からぬのかと、涙を流しながら、あえて、
暴悪者のように、大憤怒者のように、
怒り狂った形相をしてまで煩悩を断ち切り、
悪霊を打ち砕き続けているのです。

その激しい怒りの最中で、慈悲の涙を流されている、
何とも辛いお仕事を任されているのだということを知ったとしたら、
不動明王さんに対する観方も、変わってくるのではないでしょうか。

これを、天使界からの解釈を含めて、
天使たちとともに翻訳させて頂きます。


のーまく さんまんだー ばーざらだん せんだー
まーかろしゃーだー そわたや うんたらたー かんまん


このそれぞれの直訳は、

のーまく = 帰依する
さんまんだー = あまねく
ばーざらだん = 諸々の金剛尊
せんだー = 暴悪者よ
まーかろしゃーだー = 大憤怒者よ
そわたや = 砕破せよ
うんたらたー = 憤怒の聖語
かんまん = 不動尊の種子(菩薩の象徴)

となるそうです。


あまねく諸々の金剛尊を信じて従います

あらゆる悪霊を取り除くために
激烈 激昂たる大憤怒の形相をもって現したる不動明王よ

あらゆる煩悩と悪霊と障害と妨害とを打ち砕いてください

ハーン マーン (不動明王を菩薩の象徴として表す)

◉◎------------------------------------------------◎◉

不動明王が涙を流しているなんて、なんだか親を泣かせてしまったかのような申し訳ない気持ちになりますね。本当はとってもあったか~い存在なのですね。

これからさらに、プラネタリークリーニング(浄化)として災害や人為的な事故(経済も含め)などで大きく揺れる時が来るようですので、まさに「不動心」を心がけるようなメッセージをよく目にします。もちろんこの浄化は恐れるものではなく、魂に目覚め、本来の自由で力ある状態に戻るためのもののようです。

こちらのサイト「L.E.O-japan」に、不動明王からのメッセージについての記事がありました。


『「不動心」は魂から来るもので、柱になるもの。信念とか目的意識とか理想の世界の光(輝かしい未来)を見ているかどうかだ』


なんだか力が湧いて来そうなメッセージですね!

いろいろな役割の高次元の存在がいるようですね。(とは言っても、高次元も低次元?も繋がっているのでしょうけど。)

ちなみに、戦士の系統で見ますと、ルシフェル(ルシファー)、サナトクマラ、スサノオ等は闇系(闇をコントロールする)の同系列だそうです。

大天使ミカエルと不動明王は光の戦士系で、どちらかというと光系は光や炎のオーラをまとって(鎧を着て)闇に入りますが、闇系はそのまま直接闇と対話できるのだそうです。



私たち地球に暮らす人間は、魂に目覚めないよう本来の自由な力を持たぬよう、がんじがらめに鎖を巻かれたような状態の中、生きているみたいですね。

重いだけのそれこそ逆?鎧みたいなものは役に立たないですから、恐れないで思い切り脱ぎ捨てて、闇をコントロールして輝かしい未来を造り出していきたいものですね。

それにはやっぱり鍛える(喜多得る)ことも、とっても大切なのかもしれませんね。スピリチュアルも実生活で実践しないと、せっかくの光の情報も必要ないのだとして宇宙に繋がりずらくなるのだそうです。(一種の引き寄せの法則)

私の場合は特に、子育てに生かしたいところです�G���������͂��Ă�������


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  
ACNホームページ★をクリック

【ACN ビジネスの簡単説明】
今まで物販でのネットワークビジネスとは違います。ライフラインで発生する
費用を安く提供でき、それが収入に繋がります。

家族のコミュニケーションにも、ご商売で発生するお客様とのコミュニケーション
にもお役に立てるプロダクツ(テレビ電話)も驚きの価格で手にすることが出来ます。

このビジネスを通じて得た資金の1部を世界の平和の為に生かそう!と集まった仲間
がいます。

貴方の夢も!世界平和の為にも!貴方の力を発揮するチャンスがここにあります!!
是非、貴方も私達と共に歩いてみませんか?


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

【「幸福」についての言葉  書籍「もどってきたアミ」より】
  
  「それもとても重要なことだ。自分じしんに対する愛は、
  自分の幸福を探すことにつながる。

  他人(ひと)に対しての愛は、他人に奉仕すること、
  他人の幸福のためにはたらくことにつながる。

  このふたつの力はおたがいにバランスがとれているべきなんだ」



ブログランキングに参加しました。
←1クリックして応援おねがいします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
投稿日:2008/09/01
TR(0) | CM(6) | 不思議なこと | Page Top
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © コズミックダンス2012 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。