プロフィール

mimu

Author:mimu
日々、丁寧に生活したいと思いながらも、二人の小さな男の子の育児生活で、千本ノックのような日々を過ごしています。             (^-^:)

「魂」は永遠の存在であること、宇宙がルーツであること、すべてがワンネスであることをベースに、続けたいと思います。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
お金の観念浄化
前回からの続きです。

今の私たちは資本主義、いわば拝金主義という大きなシステムの中でコントロールされて暮らしています。支配するものが、人々から利益を搾取しています。それによって、多くの人が犠牲になっています。2極化の世の中です。格差のある社会です。

このシステムはみなさんもご存知の通り、大量生産大量消費を果てしなく続けないと、成り立たない仕組みです。

今の地球環境からしても、もう限界です。

現実的にこの世界を、良い方向に変えるには今の拝金主義から配金主義へと移行することです。そして最終的にはお金は必要なくなるのです。

私は早く、人間本来の優しさに満ちた和の社会を実現させたいと願っています。

まだ私のブログでは紹介していませんが、「日月神示(ひつきしんじ)」という神示があります。

神典研究家で画家でもあった岡本天明が、1897年(明治30年)12月4日–1963年(昭和38年)4月7日に「国常立尊」(別名、国之常立神)と呼ばれている高級神霊より降ろされたとされる神示、神典である。原文はほとんどが漢数字、かな文字、記号の混じった文体で構成され抽象的な絵のみで書記されている「巻」も有るそうです。

その難解さから当初は自動書記した天明自身もほとんど読むことが出来なかったそうです。

 覚醒枠150
  「覚醒」 mimus_planet

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
真・目覚めアセンション 

お金とスピリチュアルな世界と書くと、どんな印象をもたれますか?

一見全く正反対・敵対同士に感じませんか?

しかし、お金の概念のネジを1回し戻して、思い込みの意識を緩めて気づいて欲しい事があります。


実は、この意識を持たせる事こそが、世界支配をしている者達の思う壷なわけです。


体主霊従

霊主体従

半霊半物質

この、3つのキーワードが意味する事を、みなさんはどう捉えていますか?

そして、3つとも、この4次元の世界の観念から生まれた言葉ではありますが、半霊半物質と言う言葉だけはアセンション、つまり5次元の世界観が元になって生まれました。

この3つのキーワードで、2極化を深層意識の中で生んでしまう言葉と、調和(つまり並行)を深層意識で生む言葉がありますが、気がつかれましたか?

そして、体とは?霊とは?物質とは?何を表し何を指しているのでしょうか?

そして、私達がアセンションを迎えたときには「半霊半物質」となるわけです。

これは、どんな状況・どんな状態になることでしょう。

ヒントは、偏ったものではなくバランス意識です。

つまりは調和です。

日月神示より
(日月神示は、何通りにも解釈が出来ます。みなさんの直感で解釈して下さい)
神と金と2つに仕える事は出来ん。そのどちらかに仕えねばならんと、今までは説かしていたのであるが、それは段階の低い信仰であるぞ。影しか判らんから、時間が来ておらんから、そう説かしていてのであるが、この度、時節到来したので、マコトの道理説いて聞かすのぢゃ。神と金と共にまつるのは、肉と霊と共に栄えて嬉し嬉しとなることぞ。嬉し嬉しとはそのことであるぞ。神と金と二つとも得ること嬉しいであろうがな。


まず初めに、お金は稼ぐのが悪いことではなく、集めたお金をどう使うのか?これが重要なのです。

集めたお金で、欲の欲するまま物質を買い捲り、自分が物質的に豊かになるだけを求めて、それを満たす為だけにお金を使うと言う事は、これは我欲だけにしか過ぎません。

しかし、そのお金を使って、今地球上で起こっている不条理や、満足な食事や、病気にかかっても治療も出来ない世界で貧窮している人達に対して使ったり、平和な地球にするために啓蒙活動に使ったり、日本国内においては食料自給率をあげる為に使ったり、世界支配層においやられ、見放された人々に対して彼らと対峙して、援助の手を差しのべる為に使ったりしたらどうでしょうか?

日月神示より
(日月神示は、何通りにも解釈が出来ます。みなさんの直感で解釈して下さい)
清くして富むのがマコトぢゃ。地も富まねばならんのぢゃと申してあろうが。これから先は、金儲けばかりも出来ん。今までのような、神信心ばかりも出来ん。神の道を進むものは、嫌でも金がたまるのぢゃ。金がたまらねば深く省みよ。道に外れて御座るぞ。人は罪の子でない、喜びの子ぞ。

今、地球がアセンションをするにあたって、美しきかな愛溢れるボランティア精神の名の元、みずからの肉体を使って、インターネットや映像や書物等を使い、地球平和・人類幸福の啓蒙活動をすれば、その情報を受け取る事が出来る環境にいる人達に対してのみ、メッセージは伝えられるでしょう。

今世界で起きている、悲惨極まりない事態を作り上げているのは世界支配主義達である事や、自我と観念とカルマが、今の地球を生んでいる等々は伝える事は出来るでしょう。

ですから、私もこの地球の状態を1日も早く終わらせて、アセンションするために必要と思える事を記事として書いているわけです。

これは、本意です。

しかし、それらの情報を日々読み、怒り、歎き、私達は平和主義!清いのだ!と妄想しているだけで物事が解決出来るのでしょうか?

そして、真に目覚めて理解して頂きたい事は、今のこの地球で起こっているさまざまな事は、世界支配層が仕組んだワナだと言う事に、いち早く気がついて欲しいのです。

ロックフェラー・ロスチャイルド・ビルダーバーグに国際金融資本、闇権力etc.etc.etc

しかし、もう彼らに関しての知識は一杯でしょ?

これ以上もっと知りたいですか?

そして、彼らが影で操っているから、あれには参加しない方がいいとか、やらない方がいいとか、彼らの利益になるからやめたほうがいいとか・・・・

彼らは、お金は悪と言う概念を持たせる事で、美しきかな愛溢れる精神をお持ちの方、又は持っていると錯覚・思い込み・美しい御霊の自分の姿を棚に飾って潤んだ瞳で見ていたい人達が、現実的に貧困の人達を救えないようにしているという仕組みをきちんと作っています。

だって、お金をばんばん儲けたり、人間の関係性にお金を媒介にする事は、悪や裏切り者と思ってしまう。

日月神示より
(日月神示は、何通りにも解釈が出来ます。みなさんの直感で解釈して下さい)
金が好きなら金を拝んでもよいのぢゃ。区別と順序さえ心得ておれば何様を拝んでもよいぞ。金を拝めば金が流れてくるぞ。金を拝み得ぬイコヂさが、そなたを貧しくしたのぢゃ。赤貧は自慢にならん。無神論も自慢にならん。清貧は負け惜しみ。清貧(せいふ)になれよと申してあろうが。清富こそ弥栄の道、神の道。


そして、ロックフェラー・ロスチャイルド・ビルダーバーグに国際金融資本、闇権力etc.etc.etcは、許せないと言いつつ、まぁ生活には困っていないし、他人事・・・口だけ・・・だから何も起きません。

ピラミッドの下層階の我々が現実を見ても実感が湧かないように中流させ、世界を彼らの理想郷になるように仕組んだ、ペテン使達にはまっていませんか?

つまり、諸悪の根源である、お金中心の世界だから、地球はこんなになってしまった、貧困層の人達が生まれるのだ!と天使の様な人々を作り上げ、彼らの声にただ酔っている・漂う様に仕組まれているのです。

しかも、そう思い日々憤慨しつつも、自分達に必要な事には、しっかりお金を使っています。

断っておきますが、いまこの記事を読んでいる貴方の事ではないでしょう。

いや、そうかもしれません(笑)

拝金主義はおかしい・悪だと言っていてもマイクロソフトは使っていますよね?

ヤフーと契約していますよね?

携帯電話は使っていますよね?

通信料を払っていますよね?

もしかして・・・外車とかに乗っていたりもしたりして!!??

ハイオク入れてたりしちゃってたりしたりなんかして(笑)

そして、問題なのは、これらのお金を受け取り膨大な利益を上げている会社や個人は、貧困層や地球の為にお金を使っていますか?

多重税金を没収している国でさえ、何の為にお金を使っていますか?

カラオケセットの購入は、地球を救いますか?

いっその事、その機械を使ってイマジンでも歌い涙を流しますか??

気がつかなければならない事は、拝金主義の上に君臨している層のほとんどが、下層の人達を踏みつけて生きている事に問題があるのではないでしょうか。

一般の人達の中には、ネットや携帯電話が持てる生活をしつつ、少し余ったお金を被災した方々や貧困にあえいでいる子供達の為に寄付をする事もありますよね?

そんな時、世の中の富裕層に対して、「お前ら、金持ってんだから、寄付しろよ!俺だっていっぱいいっぱいの生活の中から、寄付してんだよ!」と腹を立てた経験はないですか?

もし、そんな経験がおありなら、相手を悪者に仕立てて自分は寄付したのだから正しい善人と、自我を丸出しにしていませんか? 

風邪引きますよ(笑)

富裕層である彼、彼らが被災者や貧困にあえいでいる子供達を救う為に、自分達が必要以上のクレージーな生活をしているにも関わらず、そのランクも下げてまで寄付をしているでしょうか?

勿論、カムフラージュをするために莫大な利益から、痛くもかゆくもない数パーセントの寄付はしているでしょう。(これだって我々が寄付として捻出出来る額を上回っていますが。。。)

つまり、お金やお金儲けが悪いのではなく、お金の使い方、お金に対する意識レベルが問題点なのではないですか?

つまり、お金を儲けて自分だけが必要以上の物質欲に支配され、自分だけが満足すれば他人など地球など関係ないと言う意識。

自分の幸せ・満足だけにしか向いていない意識。

つまり、お金を稼ぎ、増やす事が悪なのではなく、お金を作って何をするのか?

何の為に、お金を作るのか?

これを考え、創造し、実行する意識が大切であり、その為には発想の転換・お金に対するカルマの転換をしなければならないのではないでしょうか?

つまり、お金のカルマでも、悪いカルマだけを受け取っている意識の転換をする必要があるのではないですか。

お金のいらない社会を作るには、儲けたお金を有効に真摯に使い、お金を克服する事で達成出来るとは思いませんか?

例えば、僅かな寄付をして、支配者を悪者に仕立てて、善い人やる位なら、バンバン稼いでバンバン寄付出来る様になった方が気持ちよくないですか。

そして、お金の征服者になったら、自分達は質素に暮らせるだけのお金を使い、それ以外の資金を平和の為に使う。

これこそ、真の分配の精神だとは思われませんか?

再度伝えます。

世界支配者たる者達(富裕層)は、スピリチュアルな意識を持っている人達に対して、お金を悪と思わせておくことは、お金を儲ける人(富裕層)を作らない様にしていると言う事です。

つまり、人類愛溢れ、清く正しく美しくの生き方を提唱している以上、お金儲けは放っておいてもしない事を知っているのです。

そして、良い子の仲間達は、自分達こそ穢れなき人間と棚に美しい自分達を飾り、手に手を取り合って、「君は素晴らしい!こんな地球はおかしい!」と支配層から見れば小さな輪・村になって団結しているのです。

思う壺です・・・・・・

そんな自分達だって、それなりの生活をしていますよね?

欲しい物も不必要な物も買いますよね?

たまには外食もしますよね?

間違って、ヒーラーからクリスタルを購入して、精神向上した!カルマが軽減した!とか、挙句の果てにはチャクラが開いたなどと喜んでいたりもしますよね?

この世界ですから、人間ですから、当たり前です。

しかし、その行為を見て、腹を抱えて笑っているのは、一体誰でしょう?

みんなで、清い子・良い子をやっているだけでは、何も解決しないとは思いませんか?

中途半端なんです。


左:精神主義  霊主体従

中:中途半端    

右:拝金主義  体主霊従

何十年前の私がそうであったように、理想主義お綺麗主義だけでは何もなりません。

支配層・富裕層・政治家・官僚(役人)が変わらなければ、この地球は平和で愛溢れる地球にはならない!と、もしも貴方が思っていても、お金に対して負の意識がある以上、実際に出来る事は何が出来ますか?

徒党を組んで街を行進したり、ネット社会の中で意見交換・愚痴や不平不満を述べ合う事をして、頭の中だけで平和の評論家になっているだけではないですか。

夢見る夢子の理想主義ではなく、現実実行部隊として何が出来るのか?

それには、この低層次元の社会に適応した方法が適しているのです。

お金は必要な「物」なのです。

では、どうすれば多額な資金を作ることが出来るのでしょうか?

それは、人に無理なく、嘘をつかず、効率よく、大きな利益を生み出す方法に巡り会う事。

彼らの懐に入り込んで、奴隷にならない様に資金を作ること。

そして、お金を作ることに成功したら、自分が生活するために使うお金はつましく質素にし、平和な社会が構築される為に使うべきなのです。

自分達の手で、裏のない慈善団体だって作れます。

これなら、お金を軸にして活動しても拝金主義のお金ではなく、頂いたお金を平和な社会構築をする為に使う。

つまり、配金主義のお金になります。

これだけ社会支配層がお金を握り、世界をコントロールしている以上、お綺麗理想主義だけでは対抗出来ません。

政治?官僚の意識改革?

寄付をつのる??

これは、はっきり言ってウエストオブタイム(時間切れ)です。

多額の資金が集まれば、貧困層の救済・各救済センターの構築・食料配給所等々の設置。

見放された農地を買い取り、農業自給率をあげる為の活動費。

それに伴い農業従事者を増やしながら、安心な食料の供給・気づきと平和な環境を教育してゆく等々。

更には、私が日々ブログで訴えている様な、平和な社会を作るための教育機関を作れば、必要以上に食料の摂取はなくなり、必要以上の物はなくなるはずです。

そうなると、必要以上に消費を扇いでいた世界支配層は、量産体制の意識を変えざるおえない状況だって作れる可能性が存在しています。

第1次産業の復活も可能です。特に日本の国土は第1次産業を主体に国体を作れば、屈指な平和社会のモデルを作ることも可能なのです。

かなり、大袈裟と思われるかもしれませんが、これらを構築する事で、平和な地球を実現する為に、日々自分に酔いながら平和を祈っているだけよりも、平和な世界を作る可能性は高くなるはずです。
(2012年でアセンションでしょ?手遅れ?間に合う?それは関係ありません)

私のブログで、どうすれば平和が構築できるのか?をノートに書いてみましょう!と言う記事は覚えていますか?

実際にそれをやった人がいらっしゃるなら、そのノートを読み返してみて下さい。

現実を直視せずに、理想郷が書かれてはいませんか??

自分の為に、人を救えたら幸せと言う思いは、精神論だけでは実現できないのは、もうお分かりになると思います。


日月神示より
(日月神示は、何通りにも解釈が出来ます。みなさんの直感で解釈して下さい)
禁欲は神の御旨でないぞ。欲を浄化して、生めよ、産めよ。今の人民、欲の聖化忘れて御座るぞ。欲は無限に拡がり、次々に新しきもの生み出すぞ。欲を導けよ。自分だけなら五尺の身体、50年の生命であるが、霊を知り、宇宙の意志を知り、神に融け入ったならば、無限大の身体、無限の生命となるぞ。マコトの嬉し嬉しの喜びとなるのであるぞ。

そして、50歳の誕生日を迎える数日前に、あるビジネスの話しが訪れました。

数日前までは、その様なビジネスの話しは、足音さえも聞こえていませんでした。

しかし、それはある日突然南からやって来ました。

現在は、第1次会員になってくれた仲間と一足先に既に行動を開始しています。

今年の秋くらいに日本に上陸する予定の世界最大規模のビジネスです。

そのビジネスとは!

人に無理なく、嘘をつかず、効率よく、大きな利益を生み出す人の輪で行えるビジネスです。

自分が扱う以上は、「この商品は最高だ!良い物なんだ!」と自ら暗示をかけ、無理をして商品を売るのとは訳が違います。

どうか、私のこの心情に賛同して頂けるのであれば、一緒にトライしましょう!

そして、成功した暁にはみんなで資金を出し合えば、その日まで神様の手足になり活動出来るのです。

今、スピリチュアルとお金と言う、2極分化で偏っている意識を調和の意識にすることに気づく事。

理想だけから行動へ、行動から理想へ!

日本人である我々が手を組み、資金を出し合える状況を仲間で作り上げ、調和の取れた世界を実現出来る可能性を、その日が来るまで共に歩いてみませんか!?

これは、そのビジネスに参加表明してくれた、Ascension2012の会員になってくれた仲間からの意思表示の宣言を3つご紹介します。

★熱いメッセージをお願いします!

食糧不足で短い命で地球上の生活を終わらなければならない子供たちの為に、今この世界にあるお金を一旦自分の元に集めてそれを流す活動をしたいです!

その為にお金が必要です!

頑張ります!!!

★熱いメッセージをお願いします!

長年、外食産業に従事してきましたが、気候の変化や海外の情勢の変化により、今後の日本に置ける食の不安は、先の見えないものになっていると思います。

昨年より、野菜の栽培を始め、手作りの野菜を調理し味わっていただけるようなお店を作れるよう、目指しています。

将来的には、イタリアにあるようなアグリトゥリズモ(観光農園)を日本にて営みたいと考えています。

お客様が、都会を少し離れ、農作業を体験し、安全でおいしい食べ物をいただき、宿泊出来るような施設、アグリトゥリズモ。

そのためには、土地や家屋の購入などが不可欠となります。

それに向けた一つの道として、このビジネスにかけたいと思います!

★熱いメッセージをお願いします!

このビジネスで得られた収入で 子供たちの施設を作りたいです。

日本でも 既存の学校にあわなくて辛い思いをしている子供たちがたくさんいます。

そして増加傾向にあります。

もう 今までの教育制度と言うものに無理が出てきているのです。

それに気づかず まだ子供たちに我慢をさせている。

そのような教育ではなく、子供たちがもっと楽しくのびのびと学べる(真実を)施設、学校を作りたいです。

もちろん できれば海外にも子供たちのための施設を作りたいと思います。

そのための資金作りにこのビジネスを始めたいと思います。

以上

とても潔いと思います。

この記事を読んで頂き、共に仕事をすると言う、同志になってくれたら嬉しいです。

勿論、参加しようがしまいがみなさんの御自由です。

そして、私は地球創成時より、自然循環型が完成している、この日本国土の土地再生(農薬に汚染されている土地の再生)とそれを基盤にした農業改革をしたいのです。

そして、「お金のいらない国」を作りたいのです。

日本は資源が無い国と言われていますが、これは真っ赤な嘘!!!

日本ほど、資源に恵まれている国はありません!

日本は、世界でも稀に見る物凄い国土を持っているのです。

ですから、彼らは日本が欲しくて欲しくて仕方ないのです。

石屋たちは、戦争を利用し、日本全体に中流階層を作って、口だけでは不平不満は言うが、そこそこ満足・平和な生活にしておけば、文句を言うだけの民になると、計画通りに仕上げたという事を忘れないで下さい。

以下、日月神示より抜粋-解釈は何通りにも受け取る事が出来ます。

受け取り方は、一とおりではありません。

みなさんの直感で感じて下さい。

●金で世を治めて、金で潰して、
 地固めしてみろくの世と致すのぢゃ。(第59帖)

●身魂磨きとは、善いと感じたこと直ちに行なうことぞ。(第67帖)

●日々の祈りは行であるぞ。百年祈り続けても、祈りだけでは何もならん。
 それは祈り地獄じゃ。祈り地獄多いのう。
 肉体人は肉体の行せねばならん。(第100帖)

●たとえいかなる現在も、その現在を祝福せねばならん。
 喜びせねばならん。(黒鉄の巻・第1帖)

●一切に向かって涙せよ。ざんげせよ。一切を受け入れ、一切を感謝せよ。
 一切が自分であるぞ。一切が喜びであるぞ。(黒鉄の巻・第2帖))

●他のために苦労することは喜びであるぞ。全体のために働くことは喜びぞ。光の生命ぞ。誰でも重荷負わせてあるのじゃ。重荷あるからこそ、風にも倒れんのざ。この道理、涙で笑って汗で喜べよ。それとも重荷外してほしいのか。早く花が見たく、実がほしいからあせるのじゃ。人間の近慾と申すもの。神の大道に生きて実りの秋(とき)待てよ。まいた種じゃ。必ず実る。誰も横取りはせんぞ。万倍になってそなたにかえると申してあろう。(黒鉄の巻・第3帖)

●気づいたことから早う改めてくだされよ。トコトンまで行って神がさすのでは人間の面目ないから。人間同士でよく致しくだされよ。ただ有り難いだけではならん。仕事せねばならん。努力せねばならん。じっとしては進めん道理じゃ。(黒鉄の巻・第6帖)


最後に、日月神示より(解釈は何通りにも出来ます。下の解釈は藤本玄の解釈です。)

「申、酉すぎて戌の年、亥の年、子の年めでたけれ」
「子の歳真中にして前後十年が正念場、世の立替は火と水ざぞ」


申年は2004年・酉年は2005年・戌年は2006年・亥年は2007年・そして子の年は2008年で今年。

子の年は2008年、この年を真中に前5年後5年だとすれば2003年から、2013年が立替の時期と言う事にもなります。

       『藤本玄(ハル) Ascention2012より抜粋』

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★  



環境と平和のNPO法人の某代表の方が『「例えば、僕はでっちあげの教祖になってもいい。お布施を集めて全額アマゾンの森林全てを買取って保護するんだ。何か達成したいと思ったら、そういうしたたかさや柔軟性も必要だ。」って言っていて、すごく共感した覚えがあるよ。』と以前、ボランティアをしていた友人が教えてくれました。。。。。


私はこの流れに乗ってみることにしました。


日本人である私たちが手を組み調和の取れた世界を実現するため
その日が来るまで共に歩いてみませんか?


私のこの気持ちに賛同して頂けるのであればぜひ一緒にトライしましょう!



     ACNのホームページ←クリック



     ブログランキングに参加しました。
     ←1クリックして応援おねがいします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
        ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


スポンサーサイト
投稿日:2008/05/21
TR(2) | CM(0) | アセンション | Page Top
私の望む世界
今回は私の夢について書いてみようと思います。

私の望んでいる世界は、なんと「お金のいらない社会」です。

そしてみんなが優しさと歓びにあふれていることです。

一人一人が天命?ともいえる好きなことをして(奉仕)、
それを喜ぶ人がいて調和とともに暮らしていくのです。

こんなことを言うと偽善者とか現実を見ていないと言われそうです。(^_^:)
自己犠牲することによる依存だとも言われてしまいそうです。

事実、今まで自分の感じていることはただの我がまま、現実逃避に過ぎないのではないかと、虚しく悲しくなることもありました。

でも最近はそうじゃないかも!!私のように感じている人はたくさんいるのかもしれないと思います。

お金のいらないシステムを作るには、きっと具体的な対策がたくさん出てくることでしょう。まずは食物を育てること、あらゆるものを自然素材を使用した循環可能なものに変えること。私たちの生活に関わる「衣食住」すべてにおいて、自然なものへの移行も必要でしょう。



一人の人間の力は偉大ですが、限界があるのも事実かもしれません。



こどもたちの能力を踏みつぶさない教育のあり方も問われるでしょう。

お金が必要なくなれば、法律とか保険とか税金とかとにかく複雑なシステムもシンプルになるでしょうね。




農薬などで汚染されてしまっている大地を、もとの滋養豊かな土に蘇らせることがまず求められるようです。

私は草花が密集している場所に行くと、「あ~地球にはこんなにフカフカでなんとも命で満ち溢れた絨毯があるんだろう!!」と寝転びたくなります。でも、ちょっと虫が怖い(笑)。朝露がキラキラ光っているのを見ると、本当に宝石のように感じることがあります。

精神世界、スピリチュアルな情報を取り入れていると、「As above so below(上の如く 下もしかり)で世界を平和にしたければ自分の内に平和を築くこと」「ワンネス(森羅万象すべてつながっていてもとは一つ)」「現実は自分の思いで創造できる」など学ぶだけでなく、体感することも多いと感じています。

なのでこの地球を美しく平和なものにしたければ、まず自分の魂?を磨くことが重要ではあるようですが、私個人としては、ワンネスであるならば自分をピュアに保つことを常に意識しながら、具体的現実的に世の中にむけて動くほうが早いのかなぁ?と思ったりしています。

「世のため人のため」という心の持ち方も、単なる偽善や自己犠牲ではない気がしているのですが。。。


実は個人的に好きなこと学びたいこと、やりたいことはたくさんあるのです。
慌ただしい子育ての中、何を優先したら良いのかわからないところがあります(笑)。


なので、世界がワンネスであるのならば、ちょっと自分の外に関わって
みようかなぁという気持ちになっています。


まずこの世界が優しさと歓びと安心に満ちたものであるならば、自分の夢ややりたいことなんてきっと「It`s automatic~♪」(笑)で自然発生的に溢れてくるかもしれません。


ですがそうは言っても、このブログでも記事にしているように、今地球は転換点で2012年のアセンション(次元上昇)のことなどで天変地異(既に起き始めているようですが。。)が起きて壊滅的なダメージを受けるかもしれない時に、そんな夢みたいなこと言ってる場合ではないでしょうと感じる方もいるかもしれません。

私もこのまま自分の観念などを解き放ち、魂を綺麗にして平和を望み、しっかり今を生きるとしても、ただ事が起きるのを待つだけしかないものなのかなぁと少々ジレンマを感じていました。

ですがそんな時、ある現実的なお話が舞い込んできました。

それは「お金がいらない社会を、お金でつくる」
「拝金主義から配金主義の世の中へ」という現実的なものでした。

「この社会を現実に変えるために、それなりの資金を築いてみんなで
提供しあい実現しよう!」というものです。

ただその「お金」というものはやっかいな側面を持ってしまっているのも確かですよね。お金を使う人の心のあり方、使い方が実際にすぐに社会的なものに反映されますからね。

お金に限らずなんでもそうかもしれませんけど。。。。

そこでその資金を築く方法なのですが、いわゆるネットワークビジネスというものです。

このネットワークビジネスにも、人それぞれの感じ方があるでしょうね。

少し前の私ならば、このお話には参加しなかったと思います。


実際、「自分が好きなことをして現実を造れるということを自分をモデルに実践すれば、周りの人も自由に自分を生きれるのではないかな?」と思い、その資金集めにアフェリエイトなるものとか成功哲学などに興味がありましたが、即挫折しました(笑)。

やりたくないことは、やりたくないからです。

それに、人類をコントロールしている闇?の組織とか秘密結社などもその設立時には崇高な理念があったのかもしれません。それだけ今の社会では、お金や権力を得てしまうと何かが狂ってしまいやすい環境であるのは確かだと思います。

ですが、今回具体的にこのようなお話のもと私に流れてきたものですので、怖がらずに波に乗ってみようと思っています。恐れを克服するのは、私のブログのサブタイトルでもありますからね(笑)!


本当は地球平和という大きな夢を持っていても、なかなか行動できない方にも大きなチャンスかもしれないですね。パソコンが得意な方ならなおさらです!

私はパソコン音痴ですから(^_^:)


百匹目の猿現象」、「バタフライ効果」の一人の行動が繋がれば、
この現在の仕組みを変えるのも夢ではなくなるかもしれません。

でもこんな理想を言えるのも、今健康で生かされているからなんだなぁとしみじみ思いました。まだこの理想に追いつかない、ちっぽけな自分もいますけれど。とにかくやってみようと思います。感謝です。読んで頂いてありがとうございます。

次回はこちらについてすぐに詳しくお伝え致します。 
なんだかとても長文になってしまい、失礼しました。


       →次回の「お金の観念浄化」(5/21追記)


ブログランキングに参加しました。
←1クリックして応援おねがいします。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
   クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



投稿日:2008/05/17
TR(0) | CM(2) | 日々の出来事 | Page Top
クリスタル・チルドレン
    NHK みんなのうた 「CRYSTAL CHILDREN」


最近、この歌がとっても話題になっていますね!ここに出てくるイルカですが、とても霊性の高い生命体と聞いています。自分自身が何者であるかを知っていて、いつも思いやりと調和のエネルギーに溢れているのだそうです。

「スターチルドレン」という言葉をまだ知らない方にぜひ知って頂きたいと思います。

とくに子育てをされている方が、自分のお子さんを理解するきっかけに
なるかもしれません。

この4月から長男が幼稚園に通い始め、早速近くの公園に遠足に行ったのですが、みんなで輪になって踊ったり遊んだりする時に、彼はまったく輪に入ろうとせずに遠くに走っていってしまいます。。。

どうやら照れているみたいです。しかもイタズラ大好きで、もの凄くエネルギーがあり、常に走っています。「サッカーの選手になったら最初から最後まで走れるんじゃないかな?」と早速、幼稚園の方に言われました(^_^:)

スターチルドレンのことは知識として持っていたのに、いざ我が子がみんなと同じに大人しくしてくれないと、冷や汗をかいている自分を発見。

今まで自分が子供の時、何か抑圧されてきたものを感じてきたのにも関わらず
に。。。「それでいいんだ!大きくなれよォ~ワッハッハー!!」くらいの余裕が欲しいものです(笑)

すべての子供たち、もちろん大人たちにも自由に本当の自分を表現できる世の中を造りたいものですね。


以下、おともだちのakoさんのブログから転載させて頂きました。


⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ 

★スターチルドレン、ライトワーカーとは?

地上での経験による喜びの享受を求めたカルマによる転生ではなく、カルマの必要なく、自分の存在の表現の喜びのために、宇宙の調和の中で自分が感じる使命を持って地上に転生する人たちを概してライトワーカーを呼んでいます。

ライトワーカーは、世代ごとに様々な地球の進化の側面をサポートするために生まれてきています。

スターチルドレンとは、そうしたライトワーカーの中でも、今までのライトワーカーが革新の準備をした段階を引き継いで、新しい世界を創造するためにやってきた世代の子供達を言います。20年程前からどんどん生まれてきています。

スターチルドレンの中にも、世代があります。



1.インディゴチルドレン

彼らは彼らに続く世代の準備を兼ね、この世界に新しい始まりを告げ、この世界をその受け入れに向けて準備する使命があります。2000年以前に生まれている世代です。

彼らはそうした切り拓くための力として、すさまじいパワーを持って転生してきます。そのパワーは、活用される場所が無い間は、途方も無い怒りのエネルギーのように発揮されることが多く、ADHDなどの症状や、社会的問題行動として捉えられてしまうことも少なくありません。

彼らはちゃんとした受け入れのもとに、活躍の場を提供されれば、驚くべき能力を発揮して、社会的革新を導き、人々を霊的覚醒に向けて準備する環境を整えることが出来ます。

彼らはその力がゆえに、調和を配する能力に欠ける傾向があり、親からあるいは保護者からのサポート無しで、社会的に順応するのが困難な場合がありますが、その方向性の強さ、明確さは一目瞭然、インディゴの特性です。


2.クリスタルチルドレン

インディゴの次の世代として生まれてきている子供達。彼らは、他のライトワーカーやインディゴたちが用意した世界の中で、人々を霊的覚醒と自己発見に導く力を持っています。

まるで天使そのものの、愛と喜びに満ち光り輝くオーラはどんなに遠くからでも見え、多くの人たちを引き付けていきます。1990年以降に生まれていることが多いです。

力ではなく、喜びによって、人々を導くリーダーとなる人達がクリスタルチルドレンです。


3.レインボーチルドレン

クリスタルと時期を同じくして生まれている世代です。これから生まれてくる子供達は殆どがレインボーチルドレンではないでしょうか?

レインボーチルドレンはライトワーカーではありません。彼らは純粋に喜びと調和を求めて、地上で生きていくために生まれてくる新しい世代の人類です。

彼らには使命はありません。

ただ、自分という存在を生きること、そうしたことができる環境に生まれてくるのを望み、かつそうした環境を強化することが出来る宇宙的な意思力を持って、この世界を積極的にかつパワフルに創造して行くことが出来る頼もしい世代の子供達です。

レインボーチルドレンは、インディゴのような強い方向性やそれによるジレンマがなく、自ら調和を築いていける能力に非常に長けており、社会性も豊かな子供達です。

彼らは受け入れること、そして自分を貫くことが同時に出来る優れた、進化した意識をこの世界にもたらす世代です。

⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ ⦿ 


「CRYSTAL CHILDREN」の歌詞は、作詞された方の娘さん(4歳)が普段口ずさむ言葉をまとめあげた歌詞だそうです!彼女はクリスタルチルドレンなのでしょうね。


長男はこの歌が流れていると「ママのすきなうたやってるよ。」と教えにきてくれます。二男は踊ります。正直、スターチャイルドなのかはわからないままですけど(笑)、もともと人間は「星のこども」「地球のこども」「宇宙のこども」に違いありませんね。

「子供のような眼差し」でこの地球を新しい時代に移す大人の行動は何
でしょうね?世の中を良い方向に現実に動くということは。。。。

当たり前のことかもしれませんが祈る、願うだけではやっぱり現実にはならないようです。

スピリチュアル好きな人こそ、その意識で行動する時のようです。


スターチルドレンのお子様をお持ちのひろこさんのブログ「インディゴチルドレンと共にアセンション」にも「スターチルドレンについて」という記事がありますのでどうぞ参考になさってみてください。



ブログランキングに参加しました。
←1クリックして応援おねがいします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
   クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


投稿日:2008/05/06
TR(0) | CM(4) | 子育て | Page Top
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © コズミックダンス2012 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。