プロフィール

mimu

Author:mimu
日々、丁寧に生活したいと思いながらも、二人の小さな男の子の育児生活で、千本ノックのような日々を過ごしています。             (^-^:)

「魂」は永遠の存在であること、宇宙がルーツであること、すべてがワンネスであることをベースに、続けたいと思います。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
食べ物について


日本の食料自給率は39%。とても低いです。

「身土不二」という言葉は、自分たちが暮らす土地付近の農産物を食せば、食物のエネルギーもその土地で生活する人たちに適していて健康でいられるというような意味です。

それに食料マイレージを短縮することにもなり、環境への負担が減らせます。地産地消(生産地と消費地が近いこと)です。

一石二鳥。それ以上かもしれません。


今、アフリカでは食料価格の急上昇による暴動で、死者まで出ているとのことですが、それに関連して気になるニュースを、いつもお世話になっているひろこさんのブログから転載させて頂きます。

●--------------------------------------------------------●

食料確保

今、衝撃的なメルマガが届きましたので
今夜は、この情報をお伝えします。



宇宙の法則研究会 
[フォトン・ベルト レポート] 第76号 より


ついに食糧確保が困難な時代が始まった


昨日6月19日に、全国で販売される肥料の6割を販売する農協が
今年7月から肥料の価格を最大7割値上げすると発表。

農業関係者の間でパニックが走っています。

値上げの理由は、原料であるリン鉱石の最大輸入元である中国が
6月1日から関税率を100パーセントにしたため
実質的に輸入が止まってしまったためです。


リン鉱石は日本では採れず、これまでは中国以外では
米国やロシアなどから輸入してきましたが、
すでにそれらの国々は輸出が禁じられており、
日本としては唯一中国だけを頼りとしてきました。

中国国内でもリン鉱石が豊富に採れるのは
先日地震に見舞われた四川省だけで
国内的にも地震の影響で肥料の生産に影響が出ているようです。

米国、ロシアさらには中国の実質的なリン鉱石の輸出停止は
いずれも自国の資源保護が意図としてあるようです。

(中国の今回の決定は今年の4月段階で決まっていましたが
日本政府はまったくの無作為で何らの方策も講じていません)
 

南太平洋に浮かぶ島国でナウル共和国という国がありますが
この国の陸地のほとんどがリン鉱石の島として知られていました。

(リン鉱石は鳥の糞が蓄積され、固まって出来るものです)

ナウルはリン鉱石を世界中に輸出することで
住民は完全無税で教育費も医療費も
すべて無料という豊かな生活を享受していました。

ところが陸地のほとんどを削り取ってしまい
今は売りたくてもリン鉱石は完全に枯渇してしまっています。


肥料の原料としてのリン鉱石がこれまで輸入して
ストックされている分がなくなってしまうと
日本としては原料の手当てすることは出来ません。

しかも中国は今回の原料輸出の実質的な停止とともに
中国国内で製造された肥料の輸出に関しても同じく
100パーセント関税を掛けるとしています。


このままゆくとおそらく米や野菜の販売価格が
近いうちに数倍に跳ね上がると思われます。


また原油価格の上昇は、ビニールハウス栽培を
専業とする農家に大きな打撃を与えています。

石油を原料とするビニールの価格上昇
重油価格の上昇が生産農家を直撃しています。

 
日本の農業従事者の平均年齢が高いところから
石油高、肥料高が続けばこれ以上やっていけない
先の見通しが立たないという理由で
廃業が続出する可能性があります。


漁業の面でも現在のような石油高が続けば
漁業関係者の間で廃業を余儀なくされ
市場から約4割の魚が消えると報道されています。


四川の地震、米国の洪水さらにはオーストラリアの干ばつなど
いずれも地球上の一大食料生産地帯で甚大な被害が広がりつつあります。


国内でも先日の岩手・宮城の地震で
今年の収穫が絶望しされる地域が出てきています。


いよいよ、食糧確保が困難な時代が始まったようです。


                       以上




化学肥料がなくても

牛糞や鶏糞を使用する

枯葉を集めて腐葉土を作る

ヨモギなどを発酵させて菌をつくる

生ごみを堆肥にする

ミミズを増やす

などいろんな方法を工夫すれば
野菜や果樹は自分で作ることが可能です。


みなさんも少しの時間と少しの土地があれば
ぜひトライしてみてください。


よろしくお願いします。

●--------------------------------------------------------●
                   (ここまで)



私は、日本の農家の方たちのサポートのためにも、自分のためにも、なるべく近郊で生産された食物を購入するようにしています。

いずれはほんの少しでも自家栽培にも挑戦してみたいです。

去年、私の実家の庭では数種類の野菜を、栽培していました。
キュウリだと思っていた中にスイカが混ざっていたようで1個だけ実りました。

私の父が育てていたのですが、なんとそのスイカは
その夏で一番の甘さでした!

自分で育てて食べるということは、太陽や土のエネルギー、また自分が植物にかける愛情のようなエネルギーに敏感になれると思います。

農家の方々の大変さや、楽しさも感じられるかもしれません。

「ただ生きるために、たべものを頂く」という感謝の気持ちを持つ原点に、戻る時なのかもしれませんね。






ブログランキングに参加しました。
←1クリックして応援おねがいします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


スポンサーサイト
投稿日:2008/06/24
TR(0) | CM(0) | 日々の出来事 | Page Top
ワンネス体験2
←「ワンネス体験1」からの続きになります。

    150ワンネス

         「ワンネス意識」 mimus_planet

そしてその回転数が超高速になり安定したのか、音はすぐにやみました。

その瞬間に私は、音もない爆発を体験することになりました。

額と頭のあたりから真っ白な明るい光がボワっと生じた瞬間、なんとビッグバンのように爆発したのです。

私はその光りと共に、自分の身体から飛び出し、一瞬にして果てしなく広がりとっても大きくなったように感じました。

細胞を繋ぎ止めているものが一瞬に溶けてしまったようなもの凄い解放感です。

やっと呼吸ができるようになったかのような自由さです。

次の瞬間、私は温かな光りに満ちた宇宙空間にいたのです。

その時の感覚は不思議なのですけど、そこには確かに私一人しかいないのですが、確かにあらゆる存在と繋がっているいるような、自分の一部のようななんとも愛おしい感じなのです。

そして、もの凄くリラックスするのです。

私は開放感と安心感で満たされていました。

そしてただ「知っている。。。」という感覚がわき起こり、「あっ。。。。。。本物だ。。。。」と思った瞬間に爆睡してしまったんです(笑)。

とにかく、その当時の自分の日常よりもくっきりとリアルに感じられました。

「胡蝶の夢」のような体験とでもいいましょうか。



次の日の朝、自分が寝てしまったことに我ながらがっかりしましたが(笑)、「あぁ。。。あれは『愛』そのもだったのかもしれない。」という思いが自然と湧いてきました。

結局、私の天命について答えが出た訳でもなく、何か特別に見えるようになったとか霊的な能力が開かれたわけでも、悟りを得たわけでもありませんでした。

ですが、「悟り」とは「差取り」と解釈できるようなのです。
日本語って面白いですね。
  ※「観音遊びとは。。」←というks02さんのブログが参考になります。

差を取り除き、「すべてはひとつ、繋がりを思い出す」ということであれば、ほんの一瞬の体験で充分だったのだと思います。


私にとって最初で最後の強烈なビジョンといえるものです。


当然のことかもしれませんが、このようなすべてと繋がった一体感(ワンネス)の意識を日常でも常に持ち続けるのは難しいことかもしれません。

ですが、私の心の深い深いところにこの感覚が微かにでも残っていて、暖かい光を放ち続けているのはわかります。

私はこのことを当時、限られた友人にしか話しませんでしたし、話そうとも思いませんでした。無意識に怪しまれると感じていたのでしょうね。(笑)

ところが去年(2007年)あたりから、自分の周りの親しい人たちにこのことを話したい、そして何かを感じるきっかけになるかもしれない!という思いが湧いてきたのです。

その後、何人かに話しましたが、みんな目をキラキラさせて聞いてくれるではありませんか!!

もうこの体験は、ずっと前のお話です。

自分にとってはそれ以来、暖かいお守りみたいな体験となっています。

ですが、ここで手放して、みなさんに何か感じていただけたら、共有できたらいいなぁという思いでおります。キャッチ&リリース、インプット&アウトプットです。

時間は過去、現在、未来という直線で進むものではないらしいですからネ。
過去に拘るのでもなく、未来を憂うのでもなく、この今に意識を集中して生きることが現実を意識的に創造することにつながるようです。

今の瞬間を大切に、そして丁寧に楽しく暮らしたいと思います。
留まることなくグルグルグルグル、「意識」も「環境的なことも」循環していきたいものです。

「ワンネス」、「すべての繋がり」を意識すれば、この地球に例え一人でも飢えや、不当な扱いを受けて苦しみ悲しんでいれば、全体の調和は成り立たないのでしょう。

もちろん、それと共に自分の心も満たされていることも大切でしょうね。

なかなかバランスが難しいですね。つくづく人はみんな「エネルギーという波に乗る、サーファー」なのでしょう。



私はこのような強烈なビジョンは求めなくても、常にサイン(兆候)やオーメン(前兆)などを探すようなところがあります。

いかにもスピリチュアル好きな話ですが。。。(笑)私たちも自然もすべて物質的な面と霊的な面の二元性を持っているといいますからね。

でも私はとてもしびれるほどにかっこいい~~あるインディアンの言葉に出会いました。

実はインディアンは、日本人と深い繋がりがあるのだそうです。こちらもそのうち記事にしていきたいと思います。


「兆候や前兆は特別なもので、
造物主や創造の世界が
コミュニケーションをはかろうとしているとき以外には
現れることはない。

通常、答えを探すために
自分の内面をしっかりと見つめていないようなときに
前兆は送られる。

生きるペースを落とし、周りに注意を払い、
自分の心を探るようにと、
偉大なる精霊が語りかける方法なのだ。

差し迫った必要性以外に、
自分の心とスピリットに従って生きている者には
兆候や前兆は必要ない。




このワンネス?!的体験、
みなさんはどういう風にお感じになられたでしょうか?
ぜひみなさんに共有して頂きたいと思います。

ですが、ワンネスであるならば既に共有済みってことでしょうね?

     
  小ブライス




ブログランキングに参加しました。
←1クリックして応援おねがいします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

投稿日:2008/06/14
TR(0) | CM(11) | ワンネス(一つの命・一つの心) | Page Top
9.11


私は携帯で時間をチェックするとよくジャストタイムで「:00」の数字を見ることが多いです。個人的には無限大「∞」のような何か謎めいたものを感じます。

数字は見えない世界を読み解くツールのひとつと捉えて見ると、何か些細な事でも気づくことがあるかもしれません。

自分にとって、もしかしたら?程度の微々たるものでもいいのだと感じます。

最近、続けて「9:11」の時間を目にしたので、以前からご紹介しようと思っていた「9.11」のある映像を載せることにしました。

とは言っても、その事が起きてから時間が過ぎてしまっていますが。。。

時間が加速されていると聞きますから、常に「言葉、行い、思い」を意識的して日常を送りたいものですね。「時間の加速」については、また記事にしたいと思います。

「9.11同時多発テロ」ですが、私が見てもあのビルが上から粉々に崩れていくのは不自然に感じますが?

長時間の映像ですが、どうぞご覧下さい。(1:23:31)



(以下ks02さんのブログより掲載します。)そのほかにも識者からさまざまな点が指摘されました。
-------------------------------------------------------

1.世界貿易センタービルは飛行機もろとも爆発、大炎上したというのに、事件直後、「犯人」とされるアラブ人のパスポートが「発見」された。

2.国防総省(ペンタゴン)と世界貿易センタービルに勤務していた4000人が、事件当日、有給休暇を取っていた。

3.世界貿易センタービルにあるモルガンスタンレーに勤務する3500人のうち、行方不明者は5人だけだった。また、ゴールドマンサックスの社員には事前に警告Eメールが届いていた。

4.事件直後にボストン空港の駐車場に停めてあったレンタカーから、アラビア語の飛行機操縦マニュアルが「発見」された。(低空で機体を急旋回させるというような高度な飛行機操縦技術をもった犯人が直前までマニュアルを見ていたとでもいうのだろうか)

5.911直前にユナイテッド航空とアメリカン航空の株が大量に空売りされていた(ということは、事件後の両社の株暴落によって大儲けした大口投資家がいる。)

6.イスラエルのシャロン首相は、アメリカ東海岸への訪問を事件直前にキャンセルしていた。

7.テロリストなら必ず「犯行声明」を出して自らの力を誇示するのに、911にはパンジャブの弱小地下組織の「犯行声明」があっただけだった。

8.ビル崩壊現場にはコンクリートの塊も見あたらず、まるでコンクリートが「気化」したようだった。

9.飛行機燃料だけではあれだけ大きなビルが崩壊することはない。爆発物があらかじめ仕掛けられていたのではないか。
---------------------------------------------------------
                              (以上)



そしてテロの恐怖を煽る一方、少しずつ国民の自由行動や、自由な思考が制限されてきているそうです。ここ日本でも法改正などがマスコミも取り上げずにいつの間にか行われているようです。

自分が知らないところで、巧妙にコントロールされてしまう今の人為的なシステムから、もっと自然や心を元にしたナチュラルな平和な環境に身をおきたいものですね!

もちろん!自分の外の環境ばかりに目を向けるだけでなく、自分が平和でワクワクすることも意識しながら。

そこで「11」にリンクして、とてもワクワクするお話です。

NY市立大学教授、ミチオ・カク氏が、雑誌『Cosmos』最新号に驚きの記事を発表しているそうです。

ミチオ・カク氏と言えば「パラレルワールド―11次元の宇宙から超空間へ」の著者として日本でも人気の教授です。

その記事とは「この宇宙には、星や星雲のパワーを活用して、無限にサバイブできる超高度に進化した生命体がいるかもしれない」 とのことです!


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

「11=1+1=2」 カバラ数秘術「2」の意味すること

哲学
決定のない調和の美学を内面に抱え込むことは決して、
悪しきことではない。

ただ、他者からの共感を望むのであれば、
その調和の本質的素晴らしさを弁明するか、
行動に表すかする努力を自己の精神の中で
容認する必要が生じる。

この実践哲学が幸福の是非を決める。

革命
真実への内なる声を如何に捉え、表現するに値する場を、
自己統括的に具現化できるかどうか?

その際の勇気ある妥協へ心より笑みを
自己存在に向けて、贈れるか否か?

精神の均衡の鎧を別次元に預け、その交通を意味あるものとして
位置付けながら、他者と本質的なかかわりを持てば、
人生の悦びは保証される。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

でも、このお話を初めて知った方にお伝えしたいのですが、このような陰や闇?!の支配する組織があるとしても、どうか恐れたり非難したりしないように心がけることが大切です。

このいまの地球の状態は「分離の意識」、私たち一人一人の心から現象として出現したものなのですから。

ぜひ、みなさんの周りの方々にもあの9.11に、こんな話もあるんだよ、とお話して頂きたいと思います。

「9.11同時多発テロ」で亡くなられた
多くの方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



ブログランキングに参加しました。
←1クリックして応援おねがいします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

投稿日:2008/06/01
TR(0) | CM(0) | 9.11 | Page Top
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © コズミックダンス2012 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。