プロフィール

mimu

Author:mimu
日々、丁寧に生活したいと思いながらも、二人の小さな男の子の育児生活で、千本ノックのような日々を過ごしています。             (^-^:)

「魂」は永遠の存在であること、宇宙がルーツであること、すべてがワンネスであることをベースに、続けたいと思います。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
教育勅語 

1875年、スコットランド出身のN・マックレオド氏は横浜で『日本古代史の縮図』という本を刊行し、その中に日本人とユダヤ人がヘブライ民族の末裔で、日本の天皇家は、今から2700年前に滅んだ北イスラエルと南ユダ連合王国の正統な王位継承者であると発表したのだそうです。

今では単一民族と見られる日本人ですが、遠い過去の大陸の関係、民族の移動のルートなどを考えると、ルーツというものにとても興味がありますが、神道と原始キリスト教は、多くが類似しているのだそうです。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

200px-Meiji_tenno1.jpg
[明治天皇 ユダヤ系の方々はこの写真を見ると
          ギョエッといいますよ。古代ヘブライの顔ですって!]




明治23年 明治天皇によって流布された教育の原点、それが教育勅語ですが、戦後GHQによって廃止され、日本の教育から「道徳の時間」もまた戦争の大元のような贖罪思想の元に姿を消してしまいました。

戦後、道徳を失った学校には知育とイジメが巣食って、
礼を失った今日の教育界があります。

やがて人心の荒廃ここに見られるとおりです。

近年、ユダヤ、インド、イスラム系の方々からも「日本の美しい魂」の不在も指摘され、あえて教育勅語を披瀝したく思います。


原文を明治神宮崇敬会が現代語に直した[たいせつなこと]より抜粋してみました。


『国民の皆さん、私達の祖先は、国を建て初めた時から、道義道徳を大切にする、という大きな理想を掲げてきました。

そして全国民が、国家と家庭のために心を合わせて力を尽くし、今日に至るまで美事な成果をあげてくることができたのは、わが日本のすぐれた国柄のおかげであり、またわが国の教育の基づくところも、ここにあるのだと思います。

国民の皆さん、あなたを生み育ててくださった両親に「お父さん、お母さん、ありがとう」と、感謝しましょう。兄弟のいる人は、「一緒にしっかりやろうよ」と、仲良く励ましあいましょう。

縁あって結ばれた夫婦は、「二人で助け合っていこう」と、いつまでも協力しあいまよう。

学校などで交わりをもつ友達とは「お互い、わかっているよね」と信じあえるようになりましょう。

また、もし間違ったことを言ったり行った時は、すぐ「ごめんなさい、よく考えてみます」と自ら反省して、鎌虚にやりなおしましょう。

誰でも自分の能力と人格を高めるために学業や鍛錬をするのですから、「進んで勉強し努力します」という意気込みで、知徳を唐きましょう。

さらに、一人前の実力を養ったら、それを活かせる職業に就き、「喜んでお手伝いします」という気持ちで公=世のため人のため働きましょう。

ふだんは国家の秩序を保つために必要な憲法や法律を考量し、「約束は必ず守ります」と心に誓って、ルールに従いましょう。

もし国家の平和と国民の安全が危機に陥るような非常事態に直面したら、愛する祖国や同胞を守るために、それぞれの立場で「勇気を出してがんばります」と覚悟を決め、力を尽くしましょう。
 
いま述べたようなことは、善良な日本国民として不可欠の心得であると共に、その実践に努めるならば、皆さんの祖先たちが昔から守り伝えてきた日本的な美徳を継承することにもなりましょう。

このような日本人の歩むべき道は、わが皇室の祖先たちが守り伝えてきた教訓とも同じなのです。かような皇室にとっても国民にとっても「いいもの」は、日本の伝統ですから、いつまでも「大事にしていきます」と心がけて、守り通しましょう。

この伝統的な人の道は、昔も今も変わることのない、また海外でも十分通用する普遍的な心理にほかなりません。
 
そこで私自身も、国民の皆さんと一緒に、これらの教えを一生大事に守って高い特性を保ち続けるため、ここで皆さんに「まず、自分でやってみます」と明言することにより、その実践に努めて手本を示したいと思います。』




Bush2.jpg
「学校教育視察の元大統領 ブッシュさん ありゃご本が逆さよ、心ここにあらずですねえ」



この教育勅語は、古くてなお新鮮な響きを保ってます。
それは教育の原点が、魂にあるからと教えているからでしょう。
いまさら皇室からの押し付けではこの時代いささかのためらいもありましょう。
ですがそこに書かれている精神の基礎である「道徳」こそ、日本ばかりでなく世界の方々が教育の基本として守るべきところと思います。

行き着くところ宗教や主義主張を超えた世界全人類の恒久平和を根本に据えた人材の育成が教育の基本ではないでしょうか。


この教育勅語は現在でも、ブラジルや台湾の教育現場に採用されていることを知る方は少ないです。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

以上、鈴木俊輔さんの「サトルの泉」より転載させて頂きました。有難うございました。

最近では、仕事に安定を求めることが無理なことだと悟っている今の学生たちは、利益を追求するだけの企業への就職を好まず、安定志向ではなく、自分が社会のためにどのような貢献ができるかで就職先を選ぼうとする傾向が強くなっているとの事です。嬉しいです。

これからは、インディゴ、クリスタル、レインボーチルドレンたちがどんどん社会に出て行って、優しく調和を保つ世の中になって欲しいなぁと思います。

そのためにも教育、「魂」を育む教育は本当に大切ですね。

我が家にも小さいこどもがいますが、先日、おもむろに自分の靴下を脱ぎ、目を閉じながらやや上を向き、ホニョ~っとこの上なく満足そうな顔で、自分の顔に靴下をスリスリしていました(笑)。

私は思わず「○○先生!!何ですかぁ?それは。新しい健康法ですかぁ(笑)。」と言ってしまいましたが、本人は我関せず、しばらくほっぺたに靴下が触れる感触を存分に楽しんでいました(笑)。子ども達の霊性を曇らせたくないですね。

子育てはやってみると、大変ですけど、その分、歓びもたくさんあるので、みんなやっていけるのでしょうね。このシンプルな「たいせつなこと」を、自分の子育てにも実践していきたいと思います。    

ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。




  【「幸福」についての言葉  書籍「もどってきたアミ」より】
  
   「それもとても重要なことだ。自分じしんに対する愛は、
         自分の幸福を探すことにつながる。

     他人(ひと)に対しての愛は、他人に奉仕すること、
       他人の幸福のためにはたらくことにつながる。

    このふたつの力はおたがいにバランスがとれているべきなんだ」


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――  

スポンサーサイト
投稿日:2008/11/29
TR(0) | CM(3) | 子育て | Page Top
陰謀論について(経済)

日本人は、中流意識さえ植え付けておけば、不満を言いながらも何も行動は起こさないという性質があり、コントロールに利用されていると言うことは最近よく目にします。

宇宙は、適材適所。だれでも、役割をはたして生きがいを持って生活することで、全員が満足して豊かになることができるので、頭のいい人達にはそのためのシステムをいろいろ考えて欲しいですね。他人をコントロールするシステムを考えるのではなく、自分自身と宇宙の無限のエネルギーをコントロールする方法の方を。

上の文章はスピリチュアルカウンセラーであるリエルさんのものですが、彼女の文章には説得力があり、頷いてしまいます。

以下、「2012天使リエルのアセンション情報」より転載させて頂きます。スピリチュアルと言っても、とても実用的、現実的な感じがあり、多くの方に共感して頂けるのではないかな?と思いました。

やっぱり「無関心」知ろうとしないというのも、「愛」から遠いものなのかもしれないですね。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

陰謀論について(経済)

はじめに;スピリチュアルに興味を持って、問題意識を感じてここに来てくれている人に、感謝と敬意を表します。世の中、苦しみながらも問題意識のない人の方が7~8割だというのに、みなさんは先に来て光を担う存在なのですから、本当に嬉しいです。

2008年2月10日(日)付け~ 以前の記事をまとめてみました。
悪いニュースや暗いニュースでお金は取りたくないので、陰謀論関係はオープンに記事にすることにしたのが、このあたりから。

(記事・メッセージの無断転載・引用はご遠慮ください。必ず出処を明らかにして、一言お声をおかけください。)

スピリチュアルといっても、実際に役に立たない情報では意味がないので、実践に結びつくメッセージは対面でお伝えしますね。

自分はテニスのコーチやフラワーアレンジメントの講師、フィットネスクラブのインストラクターのように、磨いたカウンセリング技術を駆使して社会貢献する立場だと思っています。

------------
 2007年の金融セミナーでは、講師から「日本の学校では、サラリーマンになる方法しか教えていない。自分は社長になりたかったので、学校には行かなかった」というジョークを聞きました。

その時と、田村珠芳さんの二次会や、ベンジャミン=フルフォード氏の講演会などでも聞いたことですが、今の日本の経済はあと数年(2015年まで)で破綻、いろいろあって最終決着は昭和30年代に戻すということが計画されているとのことでした。

(自民党と政府の一部によって、そういうシナリオが描かれているとのこと)
 
すべてが暴落すれば、1200兆円の借金も半分になるからで、日本人はみんな一緒に貧乏なら安心していられる民族だからだそうです。

特別なお金持ちがいることは気に入らないが、隣も貧乏なら暴動は起こさない民族、という認識だそうです。

私も、みんな一斉にどうかなるならいたしかたない、という思いはあるのですが…。

ところが、本当はあまりある裏金を持っているし、実は大金持ちと言われている連中は、どんな災害でも戦争でもその財産は海外で守られ、孫子の代までちゃんと保護されていて、そのことはもちろん我々庶民には内緒になっているそうです。
 
例えば、ホリエモンは勾留されていても、こっそり海外に預金した財産は運用されて日々増え続けている…というような。

極端に言ってしまえば、殺人以外で犯罪をして儲けたお金でも、内緒で海外に何とか持ち出せれば、自分が出所した時には高金利で運用されていて、財産として戻って来るということです。

しかも、今は殺人程度では極刑にはならないわけですから、人生の大半を刑務所で過ごしたとしても、どちらが得かはわからない。

そういう国日本に住んでいて、これからどんどん税金が高くなって行く。省エネをすれば、電気会社・水道会社・石油会社の社員のボーナスが出ない…という社会システム。

なんでもビジネスに結びつけるのは悪いことではないけれど、問題なのは「稼いだお金をドブに捨てているだけじゃなくて、自分たちの子孫が滅亡するために使われている」ということ。

エコといいつつ、本当に効果があるのかは、マスコミを信用せずに検証していただきたいと思います。

映画「三丁目の夕日」のように経済が昭和30年代で安心していても、それを管理する上の連中は、自分たちのしでかしたことの責任を取るつもりはない。

助け合うのはいいことだ…と思わせて、裏ではまだまだ人口を減らすための画策をしている政府と陰謀者たち。
 
若い人は労働力として使い捨て、高齢者は財産を搾り取って薬漬けにするか、山に捨てることになる。それを見越して自殺者や犯罪者が増えて行くけど、願ったり叶ったりだから実際の対策はとらない。
 
一方で、自分たちが肥満や病気になれば、高額な薬を開発して使う。 そのための費用は我々の税金や賃金からこっそり持っていく…今までと同じように。(そのやり方を説明していたらきりがないくらいですね)

私たちが助け合うのは、お互いがかけがえのない存在で、ありのままでたくさんの能力を財産として(ギフトとして)持っていることを知っているからでなくては、意味がないでしょう。

人口は安定します。自然と、地球全体で。無意識の世界、魂の世界で約束してくるからです。増えたら宇宙に冒険に行けばいいし。

人は、自分の存在意義や人生の目的があれば、なんとか生きて行けるけれど、学校では未だに歯車か兵隊をつくる教育が主…。

ニート対策は、本人の能力を伸ばして仕事につなげればいいだけなのに、肝心の社会(企業)は人間を使い捨てする気満々。

みんなでコミュニティを作って畑をたがやしていれば、不景気だろうと経済破綻だろうと乗り越えられるのに、国はそれができない条令を作り、がんばってもそこに税金をかけるつもりでいる。

その税金、何に使うのか?滅びた古代ローマと同じで、一部の腐敗した高官たちが自分の財産にするために集められている。そして、メタボで怠け者のアメリカ国民をさらに太らせるために吸い上げられている。

もちろん、これは政治が悪いわけだけれど、そんな政治家しか選べないわれわれ国民の責任でもある。気がついてくださいね。

政治が難しくて、国民が政治に無関心になればなるほど、税金を私利私欲のために使う人たちが喜ぶのだということ、私たちがいくら働いてもしぼり取られて、不安定な生き方しかできないように仕向けられていくのだということ。
 
政治に興味のある人はどんどん学んでいかないと、騙され続けてしまいます。

それを宇宙人に何とかしてもらおうと思っている人もいるようですが、宇宙人はそこまで過保護ではないので。だれかよその人に助けてもらおうとする波動は、まだまだ幼稚で、また新たな「支配階級」を呼び込むだけなので。

母船が地球に来たがっているのだから、われわれも堂々と迎える波動でいないと、波動が違うと降りて来れないんですよね。(ちなみに、地球人に敬意を表しない宇宙人は、地球人より波動が低いので相手にしないで下さいね)


さて、小泉がわれわれ国民の無知さを利用して郵政の民営化で、郵便局に集められた日本人の総資産額が、管理会社のあるアメリカにバラされてしまいました。

アメリカは不景気になればなんとか理由をつけて戦争をするか、市場を暴落させて借金をご破算にします。
 
サブプライムローンの破綻で家を失った人々はさらに貧しく惨めになって、格差を広げて楽しんでいる富裕層がいます。それが、フルフォード氏のいう陰謀者たち(イルミナティ)。

経済がいくら悪化しても、これは陰謀で計画的に作られた演出なので、政府は守ってはくれません。

総理大臣は日本国民を守る気はなく、地位や名誉に溺れ、巨額の富に溺れ逃げるつもりですから、政府や政治力をアテにしてはいけません。
 
しかしこの金融不安の流れは、数字だけの問題で、古い体制が崩壊しつつあるだけなので、地道に畑を耕している人は大丈夫。

あとは、アテにならない政治をいかにみんなで活用するか…です。

陰謀者のスピリチュアル的な存在意味は、のちほど詳しく書きますが、お察しのとおり「人類を魂に目覚めさせるプロジェクトを担った存在」ではあります。つまり、人類が魂に目覚めるにつれて、陰謀者たちの存在は不要になる(消せる)わけですね。

経済最優先の世界観ではもうやっていけないようになっていて、日本でも3割くらいの人が気が付きはじめているようです。

たしかに経済利益を守ろうとして人類が滅びたら笑い話ですが、私が以前聞いたジャーナリストの話では、一部の大金持ちは宇宙ステーションに退避する計画だから痛くも痒くもないらしいです。

もちろん、そうなっても我々地球人が選んだ道だから、陰謀者たちにバチは当たらないんですよね。

ただ「自業自得」で、自分がしたことが戻って来るだけなので、何の悪気もなく地球のためだと思っている人には、悪いことは起こらない。

この情報をオープンにしても、ぎりぎり目の前に現実が突きつけられるまでは、誰も本気にはしないと思いますが。

アトランティスが沈んだときも、インカ帝国が滅んだときも、ローマ帝国が滅んだときも、人間というのはいつでもそういうものでした。目の前の食べ物がなくなって、はじめて畑のことを考える。目の前で家族が死んで、はじめて危険を感じる。そういう人が80%です。

しかも、アトランティスが沈んだ時には阿鼻叫喚で後悔して、後々まで記憶を封印するていたらく、大笑いです。

何度でも同じことをくり返すのが好きなんだから、そこを才能と認めて、別に後悔なんてしなくてもいいと思うんですけど。だから、ここで私が何を書いても流れが変わるわけではないので、書かせてもらうことにしたのでした。

最後は、衣・食・住を保証して、人々が生きがいを仕事(役割)として生活するのが理想の形。

でも、陰謀者たちは、今のうちにできるだけたくさんのお金を巻き上げておきたいと思っている…。だって、宇宙船でも来ないかぎり、無知で怠け者な一般人を騙しつづけることができるんですから。
 
今、ビジネスで成功している人達、億万長者たちも、大国の策略で搾取されている途上国の餓えた子供たちあってのビジネスです。私は子供たちが意図的に貧しくされて来たシステムを知っているから、お金を稼ぐことができなかったのです(笑)。

前の10/9の記事にも載せましたが、まぼろしのイザナミ景気後は、60歳代の国民の持っている財産を吐き出させて決着をつけるという計画が知れわたってます。
 
政府は1800兆円の国民総資産で、1200兆円の借金を相殺するつもりでいますが、その前にアメリカが大半を持っていってしまうつもりなので、結果残されるのは不安で心身ともに貧しくなった90%の日本国民と、こっそり資産を殖やして一般人を支配しようとしている10%の富裕層ということになります。

それを避けるためには、まず政権交代をして悪事を明るみに出すか、とにかく優秀で心の温かい人材を政治家として育てつつ、魂に目覚める人間を増やしてコミュニティをつくる、ということが急がれますね。

アメリカは、ウィルス兵器のほかに、地震兵器や人工台風発生装置(どちらもプラズマ兵器で起こせる)を配備しているということですが、人間の波動を上げておけば災害には遭わないので、こっちがビビらずにいっぺんにバラせれば、勝算はあります。

アメリカと中東は原油を、ヨーロッパは原子力発電を日本に売りつけたいので、その作戦にも乗らないようにがんばってください。
 
小さい子供がそのことを知ったら、「ぼくは節約するから、原子量発電なんかやらないで」と泣いて懇願することでしょう。
 
原子力発電の考え方自体は、一つのアイデアなのですが、これは地球上でやることではないそうです。月とか火星とかでやることですね。ちなみに、火星の人類は核実験で滅びたそうです。

◉このあと、経済は変動為替制から金本位制に戻るので(実質はいつでも金本位制)、陰謀者もみんな黄金を集めています。私は、投資目的でなく、日本人が少しでも多くの金を(個人で)持っていてほしいと思って、書いています。

マーケット(市場)に出したお金は、すべて戻って来なくなります。まるで没収されたかのように、またはルーレットが外れてディーラーに持っていかれるチップのように。
 
経済を牛耳っている連中は、私たちにお金を回収させる気はみじんもないので。市場で投資をしている人は、それを肝に銘じてギャンブルをしてくださいね。

景気のよい時は、陰謀者も余裕があるので、おこぼれをくれました。そうでないと、われわれを騙せませんしね。

でも、最終シナリオが、「経済の破綻」を装って、世界の人々を支配下に置くことを目的としているので、それだけは忘れないように。

もちろん、魂に目覚めた人が増えれば、地球がアセンションするので、その方が早いかもしれませんが。

◉なので、これからはお金にこだわるよりも、人間関係の繋がりを大事にしてください。

◉もちろん、お金儲けをしてかまいませんが、それを「人間関係を良くするため」に使うことも忘れないでください、ということです。家族関係が良くなるなら、それが一番です。私の習ったカウンセリングも、人間関係・家族関係回復がテーマですから。

◉食糧自給率を上げるために、畑をたがやしたり、ガーデニングの好きな人は、ぜひ行動を起こしてください。

 
タイ王国は、街路樹にマンゴーを植えて、国民が飢えないようにしていますよね。日本では、食べずに捨てている食糧が多すぎます。

そして、畑がなくても水栽培で作物をつくる技術は、日本で開発されています。じつはそれが日本の存在価値なのです。

◉「6つの貯金箱」を知っている人は、すぐに実行を。情報を知っても活用しないと、引き寄せの法則が逆方向に作用してしまいますから、ご注意ください。

◉あとは、不動産ですが、これはちょっと利用のしかたがこまかいので、ここではヒントだけ。

◉できれば自分のビジネスを持つこと。欧米ではもともと「終身雇用」という考えがないので、自分の仕事は自分で見つけるのが生き方になっているということで。でも、借金してまでするのは勝算のある時だけ。これも人それぞれ違うので、個人セッションでないと具体的に言えませんね。

お金は、この物質次元(三次元)の生活にとって、大事なものですよね。愛はもっと高い次元の話なので、愛と(単なる道具である)お金を比べることは無意味ですからもう言いませんが。(これを読んでいるみなさんは、当然おわかりのことと思いますが)

お金も、使い方を工夫すると、みんなを幸せにできるステキな道具です。お金のやりとりと、人間関係のやりとりは、基本が同じです。

お金は、いろいろな価値観と等価交換ができる「数字」であり、使い勝手の良い「道具」。

だけど、その道具の使い方をまちがえて、争ったり命を落としたり、人を騙して自分を汚したりすることもあるわけで。

古い価値観の人たちは「人間は罪深い生き物だから、争うのだ」とか言いそうですけど(笑)。 私が受け取ったメッセージでは、経済は陰謀者たちが作り出した価値観だけれど、「お金のやりとり」が地球で必要とされているのは、「人間が、無限の宇宙のエネルギーを使いこなせるようになるための、練習の道具」ということでした。

宇宙のエネルギーは目に見えないから、何か見える形のものでやりとりをする必要があって、それで、お金という観念を生み出され、それを自在に扱えるように訓練することになったようです。

魂(潜在意識)ではみんなこの体験は意味があるとわかっていたから、地球で同意されたんだそうです。


お金の扱い方を見ていれば、その相手の人間に対する扱い方がわかります。また、人間関係のやりとりを見ていれば、その人のお金の扱い方もわかるそうです。

なので、地球上で上手にお金を循環させることができたら、人類がみんな豊かになったら、宇宙の無限のエネルギーを使いこなすことができる、ということだそうです。


陰謀論は、暗い話題なので不安を感じるかもしれませんが、このページを読んでいて魂に従った行動(アクション)を起こしている人は大丈夫ですから、心配しないでくださいね(笑)。
 
問題意識をもって世界・地球・銀河を見て、解決策をいろいろ考えていただければ十分です。あとは、できるだけエレガントで無邪気に行動すること。行動(アクション)がないと、現実を引き寄せられないので~。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

>最後は、衣・食・住を保証して、人々が生きがいを仕事(役割)として生活するのが理想の形。

とっても共鳴したので、大きい文字に変えさせて頂いちゃいました!

地震兵器や人工台風発生装置の存在を知らなかった方は大変なショックを受けたかと思いますが、とにかく私たち一人一人が、コントロールされずに自分の意志で選択しながらも、「和」の心でみんなと繋がりながら、暮らしていくというバランスを意識して行動していくことが大切なようですね。

    
ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。



  【「幸福」についての言葉  書籍「もどってきたアミ」より】
  
   「それもとても重要なことだ。自分じしんに対する愛は、
         自分の幸福を探すことにつながる。

     他人(ひと)に対しての愛は、他人に奉仕すること、
       他人の幸福のためにはたらくことにつながる。

    このふたつの力はおたがいにバランスがとれているべきなんだ」


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
投稿日:2008/11/13
TR(0) | CM(0) | 光と闇 | Page Top
異星人と交流するイタリア人カヴァロ氏講演会での衝撃写真

UFO関連の記事が続きます。UFOは毎日、小さいものも大きいものもたくさん飛んでいるそうです。私たちの目に見えないようにすることも、簡単でしょうねきっと。「フォトン・ベルト レポート」より転載させて頂きます。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

 異星人と交流するイタリア人カヴァロ氏講演会での衝撃写真
カヴァロ氏

  
[フォトン・ベルト レポート] 第92号 2008/10/31
   宇宙の法則研究会 http://www.net-g.com/photon/reset.html
 

30日夜に20数年前から、地球からはるか遠く15億光年も離れているクラリオン星に住む人々と交流してきたタリア人・マウリツィオ・カヴァロ氏の講演会で1枚の「衝撃的写真」が公開されました。

その写真の上部には2基のUFOが写っていて、そのUFOの真下のちょうど写真の中央部に長方形の窓のようなものが写っている写真でした。

当日夜に進行役を務めた浅川嘉富氏の解説によると、なんとそれが「次元の扉」だというのです。UFOは地球外から何億光年離れた距離から移動して来るのに、次元を操作して瞬間的に移動するとは聞いていましたが、永年UFOを研究してきた浅川氏もこのような写真を見るのは初めてと興奮を隠すことなくお話されていました。

しかもその写真に写っている2基のUFOのうちの1基の機体の一部は、輪郭がボヤけて写っていました。解説をされた浅川氏は、その写真は「次元の扉」と時空を超えて飛行して来たUFOが5次元から3次元への次元転換をしている最中のUFOを捉えた珍しい写真だと語られ
ました。

この講演会が開かれた前々日の日にに浅川氏主催のカヴァロ氏を囲んでの歓迎の夕食会で、話題がスイスとフランスの国境の地下100メートルの場所に完成したばかりの世界最大の粒子加速器LHCについて及んだ時でした。

このLHCは今年の5月頃に完成し、9月に地球上で「ブラックホール」をつくる実験を開始しようとしたところ突然に故障し、実験が半年間延期となり再開は早くても2009年の春頃になると言われています。

実は実験がスタートする直前の時期に、加速器が建設された場所の上空に盛んにUFOが目撃されたこともあったので、カヴァロ氏にその話をしたところ、カヴァロ氏によるとなんと宇宙人が実験がきわめて危険なので中止させたと言うのです。

この加速器で「ブラックホール」をつくる実験については、この実験を敢行するときわめて危険だと問題視する声も世界中で上がっていました。インドでは実験が行われると地球が破滅すると噂が流れ、それをはかなんで17歳の女の子が自殺してしまうという悲劇的な事件まで起こっていました。

では、なぜ宇宙人はこの実験を中止させたのか。カヴァロ氏によるとこの装置を使って実験を行おうとした科学者たちは、実は3次元から4次元ないしは5次元へ移行出来る「次元の扉」をつくろうとしたので、その実験は地球にとっては危険だと判断した宇宙人が、装置を故障させ実験を中止させたというのです。

カヴァロ氏が交流を続けているクラリオン星人などは、楽々と「次元」をコントロールする技術を確立していますが、科学の発達が遅れている地球人が「次元」を操作するなんてもってのほかで、危険きわまり行為と宇宙人たちは憂慮しているのだとカヴァロ氏は言います。

では、この加速器が再び稼動する日が来るのかどうか。カヴァロ氏はその日は絶対に来ない、と断言します。

いまハリウッドで映画「トランスフォーマー」の監督マイケル・ベイによって、地球のアセンション(次元移行)をテーマにした「2012」が製作中です。ストーリーはひとりの科学者が「次元の扉」を開き5次元に向かい、3次元から5次元への移行を阻止するという内容の映画です。

やはり、この地球をいつまでも支配しようとする勢力にとっては、2012年の以前に起こる予定の「次元移行」は、やはり彼らにとっては困った事態なのでしょう。

映画「2012」の完成時期は2010年だと言われますので、実際に起こってくる「次元移行」に向かって人々の覚醒を何とか阻止するためを目的にこの映画は製作されているように思います。

いずれにしても、どのような手をつかっても地球と地球人類のアセンションは、数年以内に待った無しで始まる筈です。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

  ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

  【「幸福」についての言葉  書籍「もどってきたアミ」より】
  
   「それもとても重要なことだ。自分じしんに対する愛は、
         自分の幸福を探すことにつながる。

     他人(ひと)に対しての愛は、他人に奉仕すること、
       他人の幸福のためにはたらくことにつながる。

    このふたつの力はおたがいにバランスがとれているべきなんだ」


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
投稿日:2008/11/03
TR(1) | CM(5) | 不思議なこと | Page Top
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © コズミックダンス2012 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。