プロフィール

mimu

Author:mimu
日々、丁寧に生活したいと思いながらも、二人の小さな男の子の育児生活で、千本ノックのような日々を過ごしています。             (^-^:)

「魂」は永遠の存在であること、宇宙がルーツであること、すべてがワンネスであることをベースに、続けたいと思います。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
太陽瞑想

みやびさんのブログから「太陽瞑想」の記事を転載させて頂きます。2009年、ますます光の時代に対応していくことが必要になってくるのかもしれないですね。

(古)神道にも、日拝(にっぱい)の行法という「地上の生きとし生けるものに対して生命力を与え養い育てる太陽を拝み感謝する」方法があります。

私はなかなかこの太陽瞑想をする時間がとれないのですが、興味のある方はぜひトライしてみてくださいね。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉


ライトボディは光の身体です。

人間にはオーラがありますがそれとは別にライトボディがあります。

きたるべきアセンションに向けてライトボディは今目覚めつつあります。

特にこの2008年が重要と言われている今
早く認識を深め心の浄化と身体をライトボディにすることが大事です。

光の時代には、ライトボディが必要です。



DNAの活性化になるこの太陽瞑想はライトボディ化するのに
とても有効と思われます。



そこで今回はこの太陽瞑想をご紹介します。

      20001104sun.jpg





太陽のアセンション瞑想




太陽のフォトン・エネルギーがますます変化し、増大しています。

光のDNAへ変容させるエネルギーが増大しています。

太陽との瞑想・交流の時間を、なるべく多く持ってください。

全身の細胞のDNAへ、フォトンエネルギーをたっぷりと、
流入させてください。

身体の中では、特に両手の手のひらが、太陽エネルギーの
フォトンをたくさん受け、吸収することができます。

全身で太陽エネルギーのフォトンを浴びながら、
手のひらを太陽に向けて、そのエネルギーを十分に
吸収してください。

そして、全身の光のDNAの変化を感じ取ってください。



-------------------------------------------------------


- 太陽のアセンション・メディテーション -


全身の光のDNAの活性化が起こってきたら、
次は太陽のアセンション(次元上昇)のメディテーション(瞑想)
に移行しましょう。

全身を太陽に向けて立ち、
(背すじを伸ばして座ってもかまいません)
手のひらを額(おでこ)の前で太陽に向けます。

そして両手の人差し指と親指で、額の中央=第3の目=
アジナーセンターの前に、「正三角形」をつくります。
(この時、その正三角形は額から30cmくらい離すと良いでしょう。)

そして、その正三角形の中に、「太陽」を入れてください!

☆そしてここからが最も重要なのですが、
その正三角形の中の太陽を、肉眼で見るのではなく、
「第3の目」=アジナーで観ます。

額の中心、脳の中心で観ながら、
同時にそのエネルギーをイメージし、体感します。

そしてそのエネルギーと一つになります。

自己の存在すべてが、一つになります。
自己の魂とスピリットのすべてが、一つになります。

その究極の光の正三角形は、
アセンション=次元上昇のエネルギーです。

一体となって、アセンション=次元上昇を開始してください。

我々の太陽と一つとなり、シリウスの太陽を通って、
銀河のセントラル・サンを通って、
宇宙の根源太陽へ向かって。

そのアセンション=次元上昇は、我々の太陽系や銀河・
宇宙のアセンションとシンクロしていきます。

共振し、コ・クリエーション「Co-Creation」(共同創造)していきます。。。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

共同創造 "Co-Creation"

一人一人が癒しや自己探求を求めるにとどまる段階を超えた向こうには、互いに互いをサポートしながら、 新しい選択肢を自分たちの手で創り出す(共同創造 "Co-Creation" する)時代がくるのだそうです。 そちらへみんなで移行したいですね。

「自分たちで選択肢を創り出す」 これこそが、「意識的に進化する」ことのようです。

「ライトボディ化」とは前回の記事のマシュー君のメッセージによる「魂は、常にあらゆる人々に与えられている光を吸収すると、細胞レベルで炭素基盤の第三密度体から、より高い波動でも生存可能なクリスタル基盤の体に変化します。」と同じようなことなのでしょうね。

こちらの瞑想は、日の出から約1時間、日没前の約1時間が お勧め時間ですが、他の時間でももちろん大丈夫だそうです。最初は10秒ぐらいからスタートすると良いそうです。


初日の出にいかがですか?


    ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。




  【「幸福」についての言葉  書籍「もどってきたアミ」より】
  
   「それもとても重要なことだ。自分じしんに対する愛は、
         自分の幸福を探すことにつながる。

     他人(ひと)に対しての愛は、他人に奉仕すること、
       他人の幸福のためにはたらくことにつながる。

    このふたつの力はおたがいにバランスがとれているべきなんだ」


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――  


スポンサーサイト
投稿日:2008/12/31
TR(0) | CM(0) | アセンション | Page Top
地球が望む世界

今回は「マシュー君のメッセージ」を玄のリモ農園ダイアリーより抜粋いたします。マシューくんのメッセージには社会の真相を広い範囲で語ってくれます。子育てについても興味がある内容が多いです。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

金曜日, 12月 26, 2008

マシュー君のメッセージ(15)
最近、「自分で野菜などを育てて行きたいのですが、どうやったらいいのでしょう」と訊ねる人が増えてきました。驚いたことに、若い女の子に多いのです。うれしいことですが、これもこれから予想される地球の変革を敏感に感じ取っている現れでしょうか。マシュー君も庭に野菜を植えなさいと言っていますね。


今回のメッセージにも、にわかには信じ難いことがたくさん書いてあります。中でも、アセンションにともなって炭素基盤からクリスタル基盤の体に変化するというくだり。からだの基本的な構成要素であるタンパク質、脂質、炭水化物などの基本成分は炭素で、その安定性と反応性からいわば細胞レベルの骨組みを作っています。

それがクリスタル(結晶)構造に変わるとは、いったいどういうことなのでしょう?クリスタルはケイ酸で、シリコン(ケイ素)を中心に4つの酸素原子が均等に取り囲んで、正4面体のピラミッド構造を形成しています。そこになにか秘密が隠されている気がします。メタンのように炭化水素の基本的構造は、炭素を中心に4つの水素でできている正四面体のピラミッドですが、たぶん、そこに入る光エネルギーの量が違うのでしょう。


さらに、大昔の人間たちには、病気、死、老化がなかったと言うんですが・・。それが、闇のお陰で、それらのプログラミングをDNAに埋め込まれて以来、脆い体と低いレベルの脳になってしまったそうです。マシュー君は、別の所で、この宇宙には、病気、死、老化などまったくない文明社会があると言っています。そして、この地球でもはるかな昔には、人類は数百年どころか数千年も健康な体と精神と心をもって生きていたそうです。


となると、私たちのこの第三密度世界は、正に地獄のようなものなんですね。


この1年を振り返って、このマシュー君との出会いは、またスピリチュアリティとの真の出会いであったとも言え、私個人にとってもターニングポイントでした。それまでも形而上の概念については、人並みに興味もありそれなりの本も読んでいましたが、これほどにその情報量と哲学的な奥深さで圧倒されたことはありません。どこまでかは分かりませんが、確かに何らかの”気づき”が起きていることは実感できます。


今、世界が、地球が、そして社会が大きなエネルギー渦の流れの中に揺れ動いています。当然私たち個人もその影響で、誰もが人生での何らかの局面に立っていると思います。その時、何を頼りに、何に向かって進んで行けばいいのでしょう?


マシュー君の言葉が、その方向を見出す助けに少しでもなれば幸いです。

*******************************


2008年12月21日

Matthew01.jpg
希望と楽観の影響、ホリデーシーズンの感情、移転段階の忍耐、経済に取り組む魂レベルの用意、宇宙からの支援の証拠、変換プロセスへの実際の関与、”調和波”、密度のふたつの意味、人間のDNA、”知能レベル低下”の方法、レッテルによる分断化、あらゆる存在の意識、アートの重要性、音楽の影響力、2008年のクリスマス

              (~中略~)
3.過去にあったように、表では見えないところで、計り知れないことが進行していくことでしょう。けれども、何世代に渡るその活動はすべて邪悪なもので、あなたたちを闇の勢力の虜にしておくように謀られていたのです。

今、あなたたちの世界をより良いものにしようと、様々な過渡期の段階に向けての努力がされつつあります。しばらくの間、主要メディアの支配が完全に除かれるまでは、不十分な発見や中途半端な進展のために、広く報道される情報が氷山の一角だったり、情報が故意に曲げれることがあるでしょう。

それに、他のほとんどのものに比べれば、インターネットがより信頼の置ける情報源であることはしばらく続くでしょうが、今でも真実を隠したり歪曲しようとしている者たちにとっても同等に便利なものです。ですから、情報が信頼できるかどうかしっかり見極めることが大事です。

4.そして、恐怖を呼ぶような予言には、絶対にエネルギーを与えないようにしてください。もしそのことで心が少しでも揺れ動くことがあれば、深呼吸をして静かに目を閉じ、地球が黄金の光を浴びている様子を心に描いてください。

そのイメージの持つ高い波動があなたたちのエネルギー系を向上させ、安定させるでしょう。ネガティブ(破壊的)な考えをポジティブなものに変える時にも、同じ原則が使えます。

5.愛と平和と調和の世界を望む思いがますます増えるばかりになって、闇の長い時代が終わろうとしていますが、差し迫った日々にそれを喜んで祝おうという気にすべての人がなっているわけではありません。

世界中の多くの家族が戦争やそれ以外の暴力、病気、飢え、家や職を失うことで悲しみにあることを見て、私たちは、その人たちの心の重苦しさを感じます。より楽な状況に暮らしている人たちの喜びに決して水を差すつもりはありません・・

それに陽気に喜ぶことは魂にとって良いことです。そのように自分の心が高揚することを否定しないでください。むしろ、感謝と陽気な気持ちを持つことです・・そのような気持ちの高い波動は心を浮き浮きさせるだけでなく、それが外に輝くことで、あなたたちが触れるあらゆる人々を幸せな気持ちにさせます。

僕が伝えようとしていることは、一年を通してこの季節は、あらゆる感情の点で、それが高まる時ということなのです。喜んでいる人であればだれでも一緒に僕たちも喜びます。また、悲しかったり、心配している人には誰でも、僕たちはこう言います。

新しいカレンダーの年になって、ますます強さを増している光で気持ちを高揚させれば、それは個人的な難局を乗り越えようという決意を強固にしてくれるんですから安心してください。

6.もっとも大きな関心は世界経済危機ですが、それはアメリカの状況悪化によるドミノ効果でさらに深刻になるでしょう。この問題が早期に改善するだろうという偽りの期待をあなたたちに持たせるのは決して良いことではありません・・

これだけ大規模な状況は急に方向転換できません。ですから、多くの人たちにとっては困難な状況が続くでしょう。金融破綻はイルミナティの陰謀でしたが、その結果は彼らが思い描いたこととは違うことになるでしょう。

彼らは、すべての金融と商業、投資手段、課税の支配をさらに強化することで、その巨額の富をさらに増やそうとしていました。その代わりに彼らが目撃していることは、何世紀にも渡って地球の周りをぐるりと囲ってきた鉄条網のような彼らの腐敗した体制の完全な崩壊です。

現在の混乱から、誠実なリーダーシップとすべての世界資源の公正な配分を可能にする経済システムが現れてくるでしょう。

7.古いものから新しいものへの転移段階の間は、市レベルから国レベルでの政府の支援があるかもしれませんが、最も頼りになって、持続的で満足いくのは、家族や隣人たち、小さなコミュニティーの中で協力していくことです。

そのような協力ができる人たちは、住む家、燃料、電気水道、交通手段を必要としている人たちにお金や場所を分け与えてやってください。そしてそう、これは必ずですが、気候と地形が許せば、庭に野菜を植えてください。そして、食べ物を交換したり、食料生産共同小売店システムに参加するよう他の人たちも誘ってください。

8.肝心なことは、恐れから離れていることです。もう一度思い出してください。あなたたちがこの差し迫った重大な時期に参加することを選んだ時、経済崩壊は改革への必要条件だと受け入れたのです。

そしてこの暫定期間をうまく乗り越えて行けるだけの感情的、精神的、知的な心の準備を充分持ってやって来ているんです。あなたたちには魂レベルでの準備がすっかりできていることは分からないかも知れませんが、僕たちには見えるんですよ。分け与えようという気持ちと一体感がかつてないほど明るく活発になっているのが見えます。

経済危機が恵みに感謝することへの深い気づきになっています。最低限の生活必需品と自由を奪われている人々に対するより深い同情、物が充分ある家族や友人たちの代わりに、必要としている人たちに分け与えること、そしてすべての人たちの幸福のために働こうと決意している人たちがたくさん増えていることがあります。

このような活動に関連するそれぞれの思い、感情、行為ひとつ一つによる光が集合意識に加わり、それが次々に地球上のすべての魂への恩恵になります。

9.このほとばしるような精神がこの伝統的な贈り物のシーズンによるものだとも言えますが、その輝きは前年までのクリスマスシーズンをはるかに超えています。これまでは家族訪問や祝い事が終わればまた個人的なことだけに関心が戻っていきました。

強力な勢いの光がさらに多くの人々に届いていき、その人たちを動かして分け与えたり世話をすることに参加するのが僕たちには見えています。この行動による真の精神性・・心から生きること・・が、個人個人はお互いに、そして神から離れた存在だという考えを改めています。

10.忍耐と信念があれば、地球の黄金時代として知られるものを創造するための、今の時点では計画と目的ですが、その素晴らしい変化を見るでしょう。

僕たちのいる所からは、その壮大さに溢れた世界が見えます。もしあなたたちを全員ここに連れて来て、それを見てもらうことができたら、僕たちの喜びは言葉に言い表せないほどでしょう。僕たちに出来る最良のことは、あなたたちが期待できる変化を、言葉で詳しく説明することです。それについてはあなたたちの年号で言う2012年についてのメッセージで述べられています。(マシュー君のメッセージ(6)2008年7月2日

               (~中略~)
12.より良い世界の創造のために地球外(宇宙)からあなたたちへ支援が来ていることの証拠を欲しい人たちに対しては、まず、地球の人たちがやっていることから見てみましょう。

それは、嘘ではなく真実を、戦争ではなく平和を、金持ちだけでなくあらゆる人々に健康医療とより高い教育を、貧困撲滅運動の強化、惑星資源の略奪と環境破壊、人権無視の停止を要求していることです。強力な宇宙の存在からの、何十年に渡る強烈な光の照射がなかったら、そのどれも起きていないでしょう。

その代わりに、闇の勢力が、彼らの操り人形たちを使ってこの惑星を支配し続けていたでしょう。彼らの抑圧、虚偽、暴力によって恐怖、無視、無関心、精神性の薄暗さが大衆に蔓延り、そして情け容赦ない大量のネガティビティ(破壊的エネルギー)が地球を破壊していたことでしょう。

あなたたちの宇宙ファミリーの助けは、彼らが宇宙船から降り立って、袖をまくって仕事に取りかかるまでは証明できないということではありません。彼らの光と進んだテクノロジーは、地球が断末魔の苦しみにあった60年以上前にもうあなたたちを助けることを始めていたのです・・彼女(地球)の惑星体が生きていて、あなたたちがその上で暮らしていることこそその証拠です。

              (~中略~)
14.宇宙から発せられる”ハーモニックウェーブ(調和波)”が今始まりそして続いていることについて、その光グリッドの様々な建設段階と地球を囲むエネルギー渦流の再活性化には多くの呼び名がついています。

これらの進行中の成果がどう呼ばれようと、簡単に言えば、それらは惑星軌道配列と、あなたたちの思考形態、そしてあなたたちが望むより良い世界のために援助を求めた優しい星々の人たちの思考形態によって向けられているエネルギーの影響です。

それはあなたたちの世界なんですから、あなたたちが望む通りにしかなり得ないのです・・でも、あなたたちのビジョンの世界創造に手助けしてくれているその目に見えない魂たちにも、その働きを認めて感謝してくださいね。

15.ちょっと前に戻る必要があります・・地球が望む世界になりたいと願ったのは、あなたたちより前でした。彼女(地球)が、第三密度の闇から離れることができるように他の文明社会人たちの援助を求め、彼らの迅速で絶え間ない助けによって、闇の低い波動が存在できない第五密度へのアセンションが確実に可能になりました。

さて、宇宙のこの未曾有の時期に参加したいというあなたたちの願いが聞き入れられたお陰で、今そこに全員いるわけですが、そして、たとえあなたたちの魂の合意の寿命条件によって地球と肉体的に供に出来るとしても、あなたたちは”旅行チケット”が要ります。でもそれは簡単に得ることができるんです。ただ、神聖な生き方を選び、宇宙の真理が明らかになることに心を開いておけばいいのです。

         (~中略~)
17.そうです。第五密度の中では、あなたたちには肉体があります。”形のない光の存在”にはなりません。これは、あなたたちの今の肉体が地球のアセンションの進行に伴ってどう機能していけるのかはっきりさせるとても良い質問です。

魂は、常にあらゆる人々に与えられている光を吸収すると、細胞レベルで炭素基盤の第三密度体から、より高い波動でも生存可能なクリスタル基盤の体に変化します。

あなたたちの時間で言うはるかな昔に、闇の息が掛かった魂たちが人間のDNAを変えて体の中の光の量を減らしてしまったのです。そうすることで、彼らは、病気、老化、死という肉体的な弱さを持つ体質を埋め込み、知的能力とスピリチュアルな明晰性を著しく低下させたのです。

これらの機能障害は、体が吸収して、その中でどんどん強度を増している光によって回復されつつあります。実際には、あなたたちの”旅行チケット”とは、光を吸収することなんです。それは、神聖な生き方をすれば自動的にやって来るものです。

18.この説明は肉体だけの話で魂とは関係ないことを理解してください。生まれてくる子どもは、その体と脳の機能が完全であろうと、肉体的障害やいわゆる”知的障害”を持っていようと、誰でも光の魂を持って生まれてくるのです。

それは、キリストの意識(訳注:神と一体である意識)でもあり、生前の選択を完全に自覚しています。その魂レベルでの気づきは、最も深刻な”知的障害”の人たちにはそのまま残っています。

より健康な脳を持つ人たちには、その気づきは、高い密度の体に適応して機能するうちに弱まり、親の教化、仲間からの圧力、教育や宗教の教え、社会的思想といった外的影響によって後退してしまいます。

スピリチュアルな成長によって外的影響から自己が解放されています。そして”内に入る”ことで魂からのメッセージが意識まで届くようになっているのです。

19.ここである教育者からの嘆きの声を取り上げるのも良いでしょう。それを要約すると、”学生たちはどうして自分で考えて、判断し、常識を使わないのでしょう?”です。

自分のことしか考えない無知蒙昧のくせに、自分たちを“イルミナティ(啓発された者)”と呼んでいる者たちが、教育制度を支配し、教科書や他の教材を作っているのです。彼らは、質問などせずにただ教えられた通り考え行動するロボットを学校や社会に生産してもらいたいと思っています。

彼らの支配は、テレビ番組、広告、スポーツ中心でアートは省略、暴力的ゲームと騒々しい”音楽”が入ったポータブルゲーム機、ゲームセンター、インターネットポルノといった様々な分野に及んでいます。

これらの闇が企んだ方法が一緒になって、たくさんの若ものたちの“レベル低下”に成功してきました。でも、あなたたちの世界の他の分野では、ポジティブな進展が起きて来ているので、この状況も変わりつつあります。

20.多くの教師たちが”光を見る”ようになって、学生たちに自分自身の心と才能と技術を開発する意欲をかき立てています。クリスタル細胞構造の強化DNAを持つ体の魂たちが生まれつつあります。

彼らはその名の通りクリスタルチュールドレンと呼ばれているんです。優れた知的能力とスピリチュアルな明晰性と大志を持った他の子どもたちがクリスタルチュールドレン以前の2世代を通してやって来ています。彼らはインディゴチュールドレンとして知られています。

悲しいことに、多くの場合、このような子どもたちは異常だと思われて手荒く扱われ、薬で言うことを聞かせるようにされました・・これもまた、闇の者たちの巧みなごまかしによるもので、疑いを持たないカウンセラーや親たちを、このような変わった子どもたちは”普通”の子どもたちと同化しなければいけないと納得させたのです。

クリスタルとインディゴの子どもについての知識が広まるにつれ、大人になった者の中には自分たちの隠れた才能に気づいて、そのような人生を開花しているものもいます。まだ小さい子どもたちの恵まれた才能に気づいた親たちが、賢くそれを育てるようにしています。

並外れて活発な精神の子どもたちを、薬を使って喪心状態にしておくようなことは少なくなっています。そして、優れた音楽の効用が認められていることを示すかのように、青年合唱団やオーケストラの数が増えているんです。

21.クリスタルとインディゴの魂たちを受け入れることにも関連しますが、レッテルを貼ることが差別感をまったく健在にしておくことになることも指摘したいのです。

もちろん、名前は識別するためには必要です。でも、類似点に対する相違点、同一に対する差別、平等に対する優位性、協力に対する競争を強調する目的で、社会的地位や政治スタイル、政党、宗教、人種、文化、職業の肩書き、思想にレッテルを貼ることは、あなたたちの中に分断を築き、”あらゆるものがワンネス”という宇宙真理からあなたたちの心を遠ざけようとするもう一つの闇の企みです。

          (~中略~)
26.インドのムンバイでの死、負傷、建物の破壊は、CIAのイルミナティに動かされている分派の仕業です。”闇の作戦”と知られるその事件と他の似たものは、過激分子による程度の小さい破壊活動と同様に、創造主の宇宙”自由意志”法則に則って起きていることで、これにはすべての宇宙の統治者たちも従う義務があります。

けれども、”9・11”のようなテロ行為を二度と経験しまいという地球の自由意志を尊重して、神は、そのような謀略を防ぐために地球外生命体(宇宙人)の介入を許したのです。そして、2001年9月11日以来、彼らは12回以上もそれに成功しています。それには、世界的な流行病を蔓延させようという目的で創られた人工ウイルスの中和活動が含まれています。

27.ピラミッドの均一に配分されたエネルギーは、地球内部から大気へ、そしてまた地球に戻っていくエネルギーの流れを可能にしています。それは、呼吸の伸縮運動サイクルによってあなたたちの生命が維持されるようなものです。

これらの構造物は惑星生命の維持を助ける目的で第三密度世界に設けられています。ところで、波動がより高い世界ではその波動によって、外的な助けが無くてもエネルギーが継続的に流れています。

けれども、エネルギーの”構成要素”部分として、ピラミッド体を実在の形として、あるいは想像上の形として使うことは、いわゆる聖なる形状(配置)と見なすことになります。ですから、エネルギーの変化に敏感な人がピラミッドやそのような形状のものに特に心を引かれるのです。

28.この移行時期にアーティストの役割は何ですかという質問はうれしいですね。後世に残すことですよ。真のアーティスト・・絵描き、彫刻家、詩人、作曲家、ミュージシャン・・は、魂にあるものを表現します。

彼らの創造するものは、いろいろと考え練ったものが投影されたというよりは、中から流れ出るものです。ですから、彼らの制作物は気持ちよりはむしろ心からの表現です。”音痴”とか”不器用”だけれどもアートにはとても心が揺さぶられるという人は、アーティストとして生きた転生の細胞レベルの記憶が反応しているのです。

あなたたちよりも進化している文明人たちは、あなたたちの”専門家”が”アート”だと呼ぶものすべてがそれに値するとは考えないでしょう。ユニークなアイデアだとか、たぶんうまくいった冗談くらいに思うかも知れませんが、それには心から溢れるような美しさがないことは確かでしょう。

やがて、高い波動と調和して、アートがより繊細で審美的な目で選ばれ観賞されるようになると、形状や音の醜さはその時代の気分と態度の多様性の例だと見られるようになるでしょう。

29.音楽があなたたちのエネルギー系と精神性に与える影響の重要性を強調し過ぎることはありません。クリスマスの時期に伝統的に連想する音楽の波動・・特に”くるみ割り人形組曲”とクリスマスキャロルのオーケストラ編曲とコーラス・・は”心の弦”に触れますね。

このシーズンに同様にポピュラーな最近の音楽には、そのような高い波動がありませんが、それでも人々を幸福な感じにさせます。現代の音楽ジャンルの大半は、その中でも”ヘビーメタル”の耳障りなサウンドは特に、バランスに必要なスムースなエネルギーの流れを阻害します。

30.クリスマスの別の面の話でこのメッセージを終わらせましょう。商業の重要性が減ることは、さらに経済を悪化させることだとあなたたちは思っているでしょう。でも実際には、それは人類には大きな贈り物なのです。

それは、心から分け与える、まだ知らない内部の力に手を伸ばす、これまで当然に思っていたことに感謝するという素晴らしい機会に恵まれたことです。その上、イエスキリストの生誕を祝うクリスマスのこの時期に、人類全体と地球自身にとってさらに素晴らしい贈り物は、宗教の違いを超えてスピリチャリティ(霊性)が開花していることです。

宗教信仰ほど、あらゆる魂の中にあるキリスト意識を否定し、あなたたちが真理を知ることを妨げてきたものはありません。それは、あなたたちが神であり、この宇宙の統治者と、その中の他の魂たちすべてと不可分な部分であるという真理です。この贈り物と愛のパワーであなたたちの人生を明るくしてください。

31.では、宇宙の恵みと永遠の愛をもって、僕たちもあなたたちと一緒に2008年にお別れして、期待と楽な気持ちで2009年を迎えましょう。
_________________________

原文:Matthew's Message
訳文責: 森田 玄

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

新しい調和に満ち溢れた地球へのチケットは「神聖な生き方をすれば自動的にやって来る」とありましたが、この神聖な生き方とはなんでしょうね。「豊かさの分かち合い」でしょうか?最近、いろいろなブログで『「衣食住」の無料化』を提唱しているのを見かけます。現実にこちらの活動が起きて、多くの人が参加行動すると良いですね。

そして26にもある「人工ウィルス」ですが、今話題になっている「鳥インフルエンザ」のことでしょうか?

天使リエルのアセンション情報」に『イルミナティが自由にあやつれるのは「自分に向き合うことのできない、勇気のない民衆」だけなのだ。』
とありました。

みんなの幸せをベースにした世界ではない今の地球では、知らないうちにロボット、歯車、奴隷にされてしまうようです。時には勇気を出すことも大切ですね。こちらの曲をどうぞ!なんとなく和太鼓的躍動感で、日本男児なイメージです。(笑)

でもマシュー君の「音楽があなたたちのエネルギー系と精神性に与える影響の重要性を強調し過ぎることはありません。」メッセージですが、どんな影響があるかは、私にはわかりませんが。。。興味を持った方は聞いてみてください。

「黄金魂」湘南乃風



    ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。




  【「幸福」についての言葉  書籍「もどってきたアミ」より】
  
   「それもとても重要なことだ。自分じしんに対する愛は、
         自分の幸福を探すことにつながる。

     他人(ひと)に対しての愛は、他人に奉仕すること、
       他人の幸福のためにはたらくことにつながる。

    このふたつの力はおたがいにバランスがとれているべきなんだ」


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――  


投稿日:2008/12/29
TR(0) | CM(0) | メッセージ | Page Top
生まれてくるサイン

   50額クリスマスのコピー
      Happy Merry Christmas 2008 mimus_planet

今回は、我が家の長男が生まれてくるサインらしき出来事があったことのお話です。長男が生後9ヶ月の頃にやっと気づきました。遅いですね。�ӂɂ�

私は夜中にふと目覚めた時に、自分以外の「スゥ~スゥ~」という寝息の音が聞こえることが時々あったのです。

とくに怖いという感じはなく、クスッと笑ってしまいたくなるような感覚でした。その頃はまだ、夫(パパさん)にも出会っていなかったと思います。

ですけど、スピリチュアルには出会っていました。そのうち、夫となる彼と知り合い、結婚を約束して一緒に暮らすようになりました。

すると、やはり夜中にふと目が覚めると私たち二人プラスもう一人の寝息が聞こえることがありました。森のくまさんのおうちに忍び込んだような、なんともメルヘンチックなほのぼの気分になるのでした。

数年が経ち、初めての子供が生まれました。元気な男の子で、生まれた時から動きが激しく、寝かしつけるのにも立った姿勢で15分以上ものタテノリ抱っこでもうヘトヘトでした(笑)。

振動がないと安心してくれないのです。優しく抱きとめたくても、反り返りが激しく、子供の頭が顔に激突してくることも頻繁でした。「身体の緊張度の高い子」という表現を、ちょっと大きくなってから知ったのですけど、まさにそんな子だったと思います。

9ヶ月を過ぎると、体重も増えてきますし、1日何回ものタテノリ抱っこにさすがに嫌気がさしてきました。。。(笑)

そんな時、すっかり忘れてたあの「寝息」のことをふと思い出したのです。その瞬間鳥肌が立ちました。「そういえば、あの寝息を最近ずっと聞いていない。。。もしかして。。。!!!」もしかするとこの子だったんだぁと思い、そして確信したのです。

そう思うと、疲れていた心と身体も嬉しさで癒された瞬間でした。あぁこの子は、ずっと私に「ママ~。会いに行くよ!」ってサインを送っていてくれたんだなと感慨深い気持ちになるのでした。

最近わかったことなのですが、「鬼谷算命学」という占いによると、私は子供を持てない・持たない星?なのだそうです。実際、鬼谷算命学の結果、こどもを持たない星の方で授からなくて悩んでいるそうで、私のことを話に出して、決して運命は決まっているものではなくて変えられるものだよ!と話しているのだとママともだちが教えてくれました。

確かに、高校生の頃、大人とくにおばさんやおじさんを見て、「はぁ。。。このひとたちは大抵は結婚していて子供がいて家庭を持ってるのか。。。。」と、それこそ宇宙人のように見えて不思議でした(笑)。

だから占いでそのような星に生まれているのも納得してしまいました。そして、私が今このように暮らしているのは、スピリチュアルというものに出会ったからだなぁと理解しました。

無意識にも、この時期を選んで地球に生まれてくる魂を育てながら、愛を学びたいとか成長したいとか思ったのかもしれません。未だに自分が子供を産み育てているのが不思議に感じることがあります。困ったママでしょうか?(笑)

今後、親になることを無意識にでも選んだ人は、地球にとっても宇宙にとっても重大な任務を引き受けたことになりますね。しかも一見、育て憎い子ども達も多いと聞きますけど、それは新しい時代へ移行するのにはつきもののようですね。

子育てに悩むことは多いと思うのですが、こどもたちの笑顔の奥にある光を大切に、傷つけてつぶさないように私も専念したいです。そして周りのサポートを受けることも大切だと感じます。どうしても、一人だと行き詰まりますからね。

そして、結婚や子供を生まないことを選択する人もますます増えるのだそうです。私個人の思いとしては、そのような方たちにもぜひ、子育て、教育というものに関心を持って頂いてサポートして頂きたいなと、ちゃっかり思っています。


「身体の緊張度」という言葉を知ったのは、ぴっかり先生こと萩原光さんのサイトや本です。ガマンだけの子育てよ、サヨウナラ! 親も子も共に癒されていく、そんな育児のあり方を提案してくれます。なによりもまずはママが癒されることが大切だったりするようです。

もしかすると、長男は出産直後に母乳を含ませなかったのも何か関係があったのかもしれないと後から思いました。出産直後のほんのわずかな時間に出る母乳には親子の絆を深める成分が入っていると読んだことがあります。

その時に母乳が出なくても、赤ちゃんが飲むことができなくても、その時のお互いの触れ合いが、今後の親子関係に良い刺激を与えるという記憶なんですが。。。

周りに妊婦さん、妊婦になる方がいたらぜひ教えてあげてくださいね。私は出産後、疲れ果ててそんな気力も起きなかったですからね。でも次男の時は、長男の時と比べたらとっても楽だったのですが、助産婦さんか看護婦さんが生まれたての赤ちゃんを胸のとこまで持ってきてくれたので、母乳を含ませることができました。

次男はそのせいもあったのか、ゆったり抱っこさせてくれていました。もちろん、その子の持っているものもあるのでしょうけど、これは試したほうがいいなと私は感じています。

もっとも、次男のほうはなんのサインもなく、気づいたらちゃっかりヒョッコリ出現していましたけれど(笑)。生まれてくるサインの話というよりも、出産体験記になってしまいましたね。

そして、話が少し変わりますが、不妊で悩んでいる方がいたら、「ふんどし」が効果があるんじゃないかなと感じたのですけどどうでしょうね?(笑)最近ひそかにブームみたいですよ。麻のものならばスピリチュアル的にも良さそうな氣がします。


それでは良いクリスマスをお過ごしください。

Beautiful Name(Godiego)


    ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。




  【「幸福」についての言葉  書籍「もどってきたアミ」より】
  
   「それもとても重要なことだ。自分じしんに対する愛は、
         自分の幸福を探すことにつながる。

     他人(ひと)に対しての愛は、他人に奉仕すること、
       他人の幸福のためにはたらくことにつながる。

    このふたつの力はおたがいにバランスがとれているべきなんだ」


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――  

投稿日:2008/12/23
TR(0) | CM(0) | 子育て | Page Top
ちきゅうファミリー

幼稚園のクリスマス会の手作りのプレゼント制作、下の子がオデコを2針縫う怪我、親子で胃腸炎?風邪?とバタバタとしていて更新がなかなかできないでいます。

先月あたりから、何か重い空気を感じています。メディアも不安を煽るような情報ばかりですし。確かに大変な過渡期の時期ですが、いつも空を見上げて、明るい方へ向かいたいものです。

我が家のこどもは今、「ちきゅうをまもるせんし」たちに憧れている時期です。ゴーオンジャーとかウルトラマンです。(笑)ゴーオンジャーはオモチャの多さに親としては困ることもありますが、、、。

30年ほど前のパパさんの「がんばれウルトラきょうだい」という絵本には、「みどりのちきゅうをまもれ」とあります。一般的には「青い地球」という感じがしていたので、新鮮に響きました。

2009年からは、ますますアセンションへ向かってたくさんの一見大変と思われることが起こってくるそうです。今回ご紹介するメッセージを胸に、「がんばれウルトラファミリー」ならぬ「がんばれちきゅうファミリー」でいきたいものです。変化は当たり前、安定した生活とは何かを根本から考え直す出来事にも、不動の心で対処していきたいものですね。

では、藤本玄さんのサイト「Ascension2012」からの紹介です。どうぞ。

earth.jpg


◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

「魂・本質・真理 」


世の中は、日を追う毎に変化しています。

宇宙から降りそそぐ、浄化のエネルギーが日ごとに増えて来ています。

母なる地球も、新しい時代に向けての準備にピッチをあげています。

人類が夢見てきたユートピア、豊かな心に満たされた世界が実現するのです。

その光り輝く新世紀の黎明期が今です。

しかし、私たちはまだ物質文明に明け暮れて、我と欲望の心を増長させています。

1番おくれをとっているのが私たち人間です。

植物は植物として種の通りに生きています。

種に仕組まれた通り、素直に生きております。

私たちも素直に、宇宙の大元に仕組まれた通りに生きましょう。

50年生きた人が50年の知恵で生きるから、愚かなことになるのです。

この人間智をぬけて、宇宙の意識につなげて生きる「時」を迎えたのです。

花から花へ楽しく飛びかう蝶を見て、
あの青虫が、あのさなぎが蝶の前身であったとだれが思うでしょう。

あの青虫は翔ぶように仕組まれているのです。

人間も神の子です。

高次元の存在になるまで、輪廻転生をするのです。

青虫も蝶になる時は、体がどんどん透明になっていきます。

それと同じように、私たちも自己中心的な「我」を宇宙のリズムに合わせて、
心を澄みきらせ、肉体の汚れをとり、どんどん透明になっていきましょう。

心と言葉と行ないにあなたの真実。

時は来たれり!!

さあ、翔ぼう。

宇宙への転生です。

政治に目を向けてみましょう。

政治は国民のためにあるのが本当なのに、
政治屋さんの野心と謀略、汚職、対立抗争そのものです。

「偉い人、大体みんな変な顔」という川柳が新聞に載っていましたが、そのとおりです。

産業界は、ただ利潤追求のみで、他者との醜い競争の明け暮れて、
人の欲情をそそるものだらけです。

そして資源のムダ使いをしております。

宗教界は、これまた他の宗教の排斥と争い、狂信者を増やすことに一生懸命です。

人間の欲望をつつき、金儲けが目的で、
まるで利潤追求の株式会社のような宗教法人がいくつも設立されています。

もともと人間の不安や恐怖心を取り除くために始まったものなのに、
反対に恐怖心でがんじがらめにして、そこから一歩も抜け出られないようにしてしまいます。

どうも欲の深い人が、この中にはまり込んでしまうようです。

教育界は、唯物思想教育の弊害で、心を忘れ、大人はお金あってのもの種、
子どもは点数あってのもの種と、受験戦争に火花が散っています。

教師も、生徒も、長幼・親子の序列も無視され、先生は生徒に殴られ、
先生もただ自分の感情だけで生徒をたたき、愛のムチとやらは見あたりません。

また愛のムチであっても、それをそのように受け取るだけの心を、
親も子も持ち合わせていません。

友情という言葉すら忘れてしまったかのように、いじめがはやり、
友人にもライバル意識をもやし、友人の一人もできない孤独な、
思いやりのない、喜びもない人間をつくってしまいました。

学校から帰ったら塾通いです。

塾通いは半熟にしか育ちません。

大自然のすばらしさを一番感じる頃、またそれが必要な頃、狭い教室に閉じこめられています。
親は子供という王様の奴隷になって、教育費を稼ぐため、夫婦共働きで疲れはてています。

家庭のあたたかさは、どこへ行ったのでしょう・・・

家庭は、下宿人の部屋になりました。

労働界は、就職難もひどいものです。

賃金格差が大きく、富める者は巨億の富を築き、
貧しい者は借金の地獄に落ちて、人の心も乱れに乱れ、恐ろしいくらいです。

ホームレスの人々が、日に日に増えはじめました。

結局は、人間に智恵でつくられてきた科学も、教育も、道徳も、
みんなの幸せのためにはならなかったということですね。

むしろ日を重ねるごとに悪い方に、悪い方に向かっているのです。

このようなことをつづけていけば、人類はどうなるでしょうか・・・

もうひとつ大事なことは、環境問題です。

緑したたる地球を汚してしまったのは、私たち人類です。

地球に生かされていながら、地球を痛めてしまいました。

地球の痛みは、我が痛みなのです。

地球も生きものです。

人間と同じように、肉体を持っています。

物事を考える脳も備わり、喜んだり、悲しんだりする感情も持っているということです。

呼吸のもとである木を引き抜き、高層ビルの地下深く、
ドカーン、ドカーンと打ち込まれる基礎は、
生きものの肌に釘を打ち込んでいるのと同じで血しぶきがたっているそうです。

このままだったら、地球がかわいそうです。

地球は死にます。

人間も滅亡です。

核戦争、放射能の問題等考え出したらキリがありません。

人間の欲望から出る悪波動が大気に溶け込み、生みに流れ込み、大地にしみ込み、
いよいよ飽和状態になりました。

今まで黙って我慢に我慢を重ねていた地球が、身ぶるいを始めました。

揺さぶりが始まるのです。

大異変は神々の予告通りに進行しています。

異常気象、噴火、地震、津波、事故、疫病、人心の乱れ等、
新聞もテレビも、これでもかこれでもかと報じています。

このたびの地球の大変動は、7度目の大変動であり、大浄化のために、
地球の物質そのものが質的に変化するのです。

一言で言えば、地球が脱皮をし、地球の細胞が入れ替わる時が来たのだと私は思っています。

地球の次元アップで、高次元世界へ移行します。

地球の大地も水も空氣も、動植物も、一段浄化された波動にレベルアップします。

地球が7のリズムで完成する時でもあります。 

すべてのものが光りだし、地上天国となります。

その地球の産みの苦しみが現在なのです。

したがって大きな浄化のエネルギーが、地球に降りそそいでいます。

地球のクリーニングです。

人類のクリーニングです。

地球は着々とそのリズムの中で大事業を進めていますが、一番遅れをとっているのが人類です。

地球と言う家に巣食うシロアリの如くです。

更に、地球のおじゃま虫をしているのが人間です。

このおじゃま虫が単なる虫で終わるのか、青虫がやがて蝶になって空を舞うように、
レベルアップした光り輝く地球上で舞うことのできる人間になるのか、今が一番大切な時です。
この、重大な時期に生まれ合わせることができたことを喜びましょう。

リレー競争だったら、決勝点を目の前にして走っているラストの走者です。

アンカーはあなたです。

私です。

人類発生以来のバトンを引き継ぎ走り続けてきました。

私たちの先祖は目を凝らしてこの私やあなたを見ています。

どうか無事に走り込んでおくれ‥‥と。

もう目の前だ。

今くずれてはダメ!!

あと少し、あと少し、かんばれ、がんばってくれ、頼む、頼んだぞ‥‥との声援も聞こえます。

地球という星のレベルアップ、それは地上天国の実現。

その天国の花園で蝶のように舞うことのできる私なのか、
天変地異に巻き込まれて宇宙のもくずと消えていく私になるのか――。

今です。

今の私たちの生きざまが決定するのです。

私ひとりではありません。

この私には、先祖もくっついているのです。

無事に走り込めば、先祖もろともに霊界までもレベルアップすることができます。

この重大な責任。

この大事なバトンを受け継いだ私。

自分の先祖ばかりではなく人類全体の先祖からも、
「あなたならできる、あなたにぜひともお願いします」と熱望されて
このバトンを受け継ぎました。

その時、私たちははっきりと言ったはずです。

「大丈夫、がんばります。私に任せて」と。

そのひとことを忘れずに、今こそ力を発揮する時です。

ちょっと胸に手をおいて考えてください。

胸の高鳴りを感じるなら、絶対そうなのです。

では、どのような心で、どのような日々の生活を重ねたらよいのか、
2008年に入り考えて下さい。

私は、毎日起きていても、寝ていても考え、創造力を最大限に広げて考えています。

それは、ワクワクドキドキする世界です。

そして、その創造力は日増しに現実をイメージさせて行きます。

その結果は、近いうちにあなたの新しい行動に結びついて行くでしょう!

手の届く所にある新しい行動でも、
手を伸ばすと言う行動をしなければ手に入れることは出来ないのです。

さぁ!手を伸ばして!と声をかけた時、手を伸ばすのは「貴方の魂」「貴方の本質」
「貴方の真理」しか手を伸ばす事は出来ないのです!

顔を上げて、近いうちに訪れる新しい行動に手を伸ばして、がっちりと掴んで下さい!

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

chou70waku.gif


もうすぐ2009年になりますが、こちらのメッセージを転載させて頂きました。

この時期に地球に肉体を纏って生まれてきたことはとても素晴らしいことのようです。どうか不安に打ちひしがれないで「ちきゅうファミリー」として力を合わせていきましょうね!でも、そんな不安になる暇もないほどのスピードで進んで行くのかもしれないですけど。。。

今回の冬至あたりから、地球に宇宙(調和)からのエネルギーが降り注がれるため、人類の二極化が始まるそうです。

光の子(神の分御霊)として利他に生きるのか、獣として我良し、利己に生きるのかの分かれ道となるそうです。

どちらを選ぶのも個人の自由であるそうですが、利己に生きると、この地球では生きにくくなっていくようです。

獣というと肉食ですが、肉食(とくに四つ足の動物)は環境への負担、飢餓の原因のひとつでもあることは前記事でも映像を載せましたが、魂や霊というものにも悪い影響はあるようですね。それに化学物質をたくさん摂取してしまうので、身体にも影響は多いにあるでしょうね。

      「菜食のススメ」はこちら

    ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。



  【「幸福」についての言葉  書籍「もどってきたアミ」より】
  
   「それもとても重要なことだ。自分じしんに対する愛は、
         自分の幸福を探すことにつながる。

     他人(ひと)に対しての愛は、他人に奉仕すること、
       他人の幸福のためにはたらくことにつながる。

    このふたつの力はおたがいにバランスがとれているべきなんだ」


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――  

投稿日:2008/12/20
TR(0) | CM(0) | メッセージ | Page Top
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © コズミックダンス2012 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。