プロフィール

mimu

Author:mimu
日々、丁寧に生活したいと思いながらも、二人の小さな男の子の育児生活で、千本ノックのような日々を過ごしています。             (^-^:)

「魂」は永遠の存在であること、宇宙がルーツであること、すべてがワンネスであることをベースに、続けたいと思います。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
宮沢賢治




kenji1a-1.gif
「HELIO COMPASS GUIDE BOOK 2009」から写真をトリミングいたしました



世界がぜんたいに幸福にならないうちは
個人の幸福はあり得ない

自我の意識は個人の意識から
集団社会宇宙へと次第に進化する

この方向は古い聖者の
踏みまた教へた道ではないか

新たなる時代は世界が
一の意識になり生物となる方向にある

正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に
意識してこれに応じて行くことである

われらまずもろともに
かがやく宇宙の微塵(みじん)となりて
無方の空にちらばろう

われらは世界のまことの幸福を索(たず)ねよう

求道(ぐどう)すでに道(タオ)である

    宮沢賢治「農民芸術概論綱要」より



私は目にみえる以前の世界というものに興味を抱くもっと以前だったのか、宮沢賢治の言葉には何か魅かれるものがありました。意味は理解できなくても、何かきらめきのようなものを感じることができるようなワクワク感がありました。右脳で感じていたのかもしれません。

「けれども、私は、これらの小さな物語の幾きれかが、おしまい、あなたの透き通った本当の食べ物になることを、どんなに願うか分かりません。」「わたくしという現象は 仮定された有機交流電灯のひとつの青い照明です」が印象に残っていて、とくに「透き通った本当の食べ物」という言葉が大好きでした。

「青い光」というとブルーソーラーウォーターもそうですが、こちらも気になります。bigpapaさんのblog記事です。
http://bigpapa920jp.blog18.fc2.com/blog-entry-303.html
http://bigpapa920jp.blog18.fc2.com/blog-entry-347.html

そして最近、上にあります「農民芸術概論綱要」の一部を知ることとなりました。本は読んでいません(笑)。つくづく時間の加速に伴い、今地球にいる人々が一日に得る情報量は一昔前の人の一生分にもなるのでしょうね。

そういえば、鉱石ラジオを初めて知った時も宮沢賢治のことばに触れた時のような不思議さを感じときめきました。

KOBAYASHI KENJI ART WORKSの「EXIBITION」の「透明電気集」の作品、観てみたかったです。

賢治は幼少の頃から大の石好きで、「石っこ賢さん」と家族や知り合いにいわれるほどで、盛岡高等農林学校(現・岩手大学農学部)で鉱物を専門に学んだこともあり、宝石や鉱物に詳しい知識をもっていました。その影響もあり、賢治文学には多くの宝石が登場し、空や太陽・月・星・海などを様々な宝石にたとえているそうです。

「宮澤賢治 宝石の図誌」
367005.jpg
平凡社のこの本の紹介文には「賢治の詩篇、短歌、童話などには、数多くの宝石が散りばめられ、いずれも賢治の心象風景を、あざやかに描く重要なモチーフである。本書は賢治の、美しくきらめく宝石の世界へ誘う。」とあります。

きっと賢治は目に見える以前の世界、見えない世界、自然や宇宙と一体となれる人だったのでしょうね

ところで私のこのようなblogも、開設する時にとても迷っていたのですが、あるタイミングで沈む夕陽の上に銀河の形をした大きなうず巻き雲を見た途端、励ましを受けているような、なんとも言えない気持ちになり子供のように大泣きしてしまい、結局あっさりblogを始めることにした経験があるのです(笑)なんだったのか未だにわからず。。。。でも嬉しかったんです。


さて、みなさんにとっての「透き通った本当のたべもの」ってなんですか?




この映像は、お友達のblog「Simple life」で紹介されていて、お気に入りになりました。本当に宝石のように美しい

     ブログランキングに参加しています。
        


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
――――――――――――――――――――――――――――――――――― 




スポンサーサイト
投稿日:2009/05/24
TR(0) | CM(6) | ワンネス(一つの命・一つの心) | Page Top
優しい気持ち
mamaweb.gif
 『私への息子からの母の日のプレゼントです。ありがとう。』

結婚、まして出産とは無縁だと思っていた時期がある私も、今は子育て真っただ中といった感じです。私は2回の妊娠中とも出産までつわりのような状態で、その日1日を過ごすだけでせいいっぱいでお腹への優しい言葉掛けなどほとんどできませんでした。

そのような影響もあったのか、初めての育児はなにかと心配なことが多くありました。生まれて初めてのオムツ替えの時に、いざオムツを外して新しいオムツに変えようと両足を私の片方の手で軽く持ち上げた途端、いきなり背中で尺取り虫のように動きながら、小さなベビーベッドの壁に頭をゴツンとぶつけて止まったと思いましたら、元気良く放物線をオシッコで描いていました(笑)。

妊娠中から、胎動で酔ってしまうのではないかというほど動いていましたなので最初は元気がいい子なのかなと思っていたのですが、元気過ぎて抱っこしても常に強い力で身体を反らせたり頭を振り回したりして機嫌をとるのも至難の技でした。寝かしつけも激しい動きがないと眠れない子供でした。私がひたすら立って縦乗り抱っこです多動症も疑いました。

9ヶ月の時は哺乳瓶を叩き割ったこともありました。歩き始めると、公園などで同じくらいの小さい子を叩いたり押し倒したりし始めました。この頃から子供の乱暴さに疲労して、同じくらいの子がいるところには行きずらくなっていきました。そして二人目を妊娠してまたつわりが始まり、長男にはさらに悪い影響を与えてしまったのかもしれません。

今になって思うことは、乱暴な行為も、こどもにとっては不安ながらのコミニュケーションの一つの形だったのだと感じます。

妊娠後期、二人目が生まれた後も買い物に行くのも一大事でした。上の子はお店で走り回り、駐車場でも危険極まりなく、抱っこしても強い力で抵抗します。着替えなども、とにかく人にされるのが嫌で、自分のしたくないことには強い力で拒否します。オムツ替えも毎回暴れるのでヘトヘトでした。

下の子が生まれたばかりの時も、何かと手を出していじめていました。一番あぶなかったのは、気づいたら、生まれたばかりの新生児のお腹に自分のお腹をつけて体重をかけていて、下の子は泣きもせず真っ赤になっていました

そういった毎日を過ごしていて、長男を叱ってばかりいる日が続き、ある夜、可愛いあどけない寝顔見ていたら可愛そうになり、この悪循環を生み出してしまっている自分が嫌になり、大泣きしました。その時から、本気で子育てに向かいあうようにしようと思いました。

周りの大人がイライラしていたり、叱られてばかりだと、きっとママ(パパ)は自分といても楽しくないんだと感じ、悲しみを越えて怒りへと変わり、乱暴な行為になってしまうのかもしれません。

本やネットの情報を取り入れながら、いろいろ試行錯誤が始まりました。それまでは、ただ必死で1日を過ごしていただけだったと思います。「抱っこ法」に取り組んでみたり、「自己肯定感」をもってもらうにはどうしたらいいかとか。

たとえ障害があったり、どんなひどい行動をとっていようとも、子供には「みんなと一緒に仲良くしたい」「がんばりたい」という気持ちがあるというお話を知り、それを信じてみようと思いました。親を亡くした子は本当に小さい子供でも「自分が悪い子だったから、ママ(パパ)は死んじゃったんだ。」とひどく自分を責めて心を病んでしまうのだそうです。


私はスピリット的なものに興味はありましたし、サインにも後から気づいたこともあり、気がかりをかかえながらも「この子の笑顔はとってもいい光を感じるから大丈夫!」という気持ちを頼りに過ごしてきました。

幼稚園に入り、案の定、集団生活に支障がありました。それはオモチャの貸し借りができすにおともだちに噛み付いてしまったり、叩くひっかくなどの乱暴行為でした。私は改めて、やはり自分の接し方が子供にストレスを与えていたと後悔して涙が溢れてきました。

子供が通う幼稚園は少人数制でキリスト教がベースにありますが、とても暖かみがあります。そこでサポートというのはこういうものなんだと感じました。家庭の限られた人間関係では改善がなかなか難しかったものが、幼稚園の先生など多くの人に暖かく根気強く接して頂けたこともあり、長男はここ1年で飛躍しました。

家庭では夜寝る前に「○○くん、生まれて来てくれてありがとう。大好き。」と語りかけをしていましたが、前記事にも触れたように「ホ・オポノポノ」を実践してからの効果も大きかったと思います。

そして、子育てを通して、もう浄化できたと思っていたのに、自分の無意識に閉じ込めてきたトラウマがまだあって、沸々と意識上に浮上してくるのに気づきました。意識できるようになった(知った)ということは、「聖なる予言」(書籍)にあるようなコントロールドラマから抜け出し、より自由になれるきっかけをつかんだことになりますね。

トラウマを知ると、ただ呪縛されてきただけでなくて、それによって得たものもあるということに気づく感じがします。そう思うと感謝したくもなりますね(笑)。


そして、ひとまず今は子育てに本気で取り組むというのでなく、子供の成長を一緒に喜んでいるところです。そしてまた、少しずつ子供の成長に合わせて取り組むこともでてくるでしょう。


今年の母の日には、私(ママ)を描いてくれました。私は見た途端に「かわいい~~ありがとう!」と感嘆の声をあげ、ハートがじんわり開くのを感じました。見ているとポカポカしてきます。この絵は私というより、彼の優しい気持ちそのものだと感じます。しばらく部屋に飾っておくことにしました。


金子みすずさんのこちらの詩は以前から大好きで子育て(自分も)の励みにしてきました。そして今日、偶然この話題が出て来ましたので、UPしたいなと思ったのです。


金子みすゞ詩の世界みすゞこれくしょん©HeartFactory

ママともだちをみて、良い刺激を受けています。みんな違うけど、みんななかなか凄いんです

いろいろありますが、シンプルに笑顔や微笑みの効果は子供にとっても大人にとっても効果絶大で人を楽しく自由にするのかもしれないなぁと感じます。「笑み」は「美しい恵み(恵美)」なのかもしれません。

     ブログランキングに参加しています。
        


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
――――――――――――――――――――――――――――――――――― 


投稿日:2009/05/13
TR(0) | CM(9) | 子育て | Page Top
これからの出産
個人のカタストロフィー、地球のカタストロフィーなどが避けられない、もしくは起こるべくして起こってきているという情報の中、今現在、そのような情報をひとまず受け取っている人にとって妊娠ということに不安を感じるという方には、励みになるのではないでしょうか?

「マシュー君のメッセージ」を掲載している玄のリモ農園ダイアリーから転載いたします。

マシュー君も人によっては闇側でないかと見ているようですね。もちろん玄さんも、読者の方々から様々なチャネリング情報が寄せられて来ていて、マシュー君本人もたとえマシュー君の言葉でもすべてそのまま鵜呑みにしないようにと言っているようですので、本当のメッセージはそれぞれの心から来ることを肝に銘じたいですねとのことです。

まずは批判することなしに情報(ある意味、光)を受け取ってみて、自分にとって励みに感じるもの、自分の意志決定や行動につながるサポートになれば良い加減ですよね。

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

2012年を迎える今、赤ちゃん?

先日、ある女性の方(匿名)から以下のようなコメントをいただきました。

「以前私は熱心なクリスチャンでしたが、マシュー君のメッセージにもあるような宗教団体の聖書からずれた教えに自分で気がつき形にハマることなく本質的な部分をみながら、宇宙の摂理そのものである神との付き合い方を考えてきました。

でも、心配なことがあります。聖書の予言の中に、艱難時代に子供をうめなかった女は幸いだとされるというような記述があったり、体が変化すると子宮から子供が取り出せなくなると言っている人があり、自分の命のことだけではない問題なので、2012年を迎えるこの激変のときに自分の思いを通して、子供を生んでもいいのか迷います。もしスージーさんを通してマシュー君に質問する機会があれば、そのこともいつか聞いてみてくれませんか?」

さっそくスージーさんを通してマシュー君からこのような返事がきました。このことは多くの女性にも参考になると思い、通常のコメント欄ではなくこのブログで公開することにしました。

「この女性が子どもを欲しいのであれば、赤ちゃんを産むことに何も心配はありませんし、産むことができます。聖書の中の章句や予言がその反対のことを言っているのは、その始まりに闇の影響があったからです。その目的は恐れを煽ることです。

この人が妊娠することと育児に何も恐れがなければ、そのような嘘の情報は彼女と彼女の赤ちゃんにまったく影響を与えないでしょう。でも、もし彼女が恐れを持っていたら、その恐れの感情を発育する胎児が吸収するでしょう。彼女が母親になることを心から喜んでいれば、お腹の赤ちゃんもそのような美しい感情を吸収するのです」。

読者の方、安心してりっぱな赤ちゃんを産んでください!


2012年を迎えて、お母さんになる匿名さんから

匿名 さんが投稿「2012年を迎える今、赤ちゃん?」にコメントを書き込みました。

玄さん、HPを開いてうれしいびっくりでした!早速私の質問をきいてくださって、どうもありがとうございました!

私も主人も代々続く「家族機能不全」な家庭で育ち、本当に苦しい思いをして育ってきました。愛とはなにか、家族とは何か、血のつながりとはなにか、なぜこの家庭に生まれてきたのか、深く考えさせられてきました。そして「もう二度と子供たちにこのような思いをさせない、子供の人格を認める愛情のあふれる家庭を自分たちの代から始めよう!」と夫婦で誓い合い、何でも話し合い、この負の連鎖を繰り返さないための癒しの道を歩いてきました。

実は私のまだ生まれていない子供たち(娘と息子)は、すでに夢で自分たちが私の元に生まれてくることを伝えてきていたのですが、マシューくんに見透かされたような理由で(苦笑)私の決意が固まらず、まだ生んであげることはできていませんでした。

でも赤ちゃんを宇宙線の変化により、物理的な命の危険にさらすことはないのだとわかって本当にほっとしました。あと必要なのは、私の勇気だけ。一番赤ちゃんにとっていけないことは「不安」や「心配」や「恐れ」をもつこと、とマシュー君に言われたことで、安心の気持ちと共に「ああ、そういうことなんだ・・そうだね・・。」と思わずちょっと涙目で微笑んでしまいました。安心しました。

きっと自分の努力でしてあげられることだったら、なんでも赤ちゃんのためにしてあげられます。私が今赤ちゃんのために必要なことは、お母さんになるために「こころが強くなること」なんだと思いました。

玄さん、私、来年、きっと赤ちゃん生みますよ!!もう私を引き止めるものがなにもなくなりました!本当にどうもありがとうございます!スージーさん、マシューくん、本当にありがとうございました!マシューブックの出版をまた楽しみにしています!翻訳がんばってください!

心から感謝をこめて

◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

これからは大いなる自分と繋がり、意志決定して動くことを身につける時のようです。「答えは自分の中にある。」決して他人からは得られないそうです。ですが、チャネリング情報なども妄信しなければ、良いのではないでしょうか??全体を捉えるには、光も影もぼんやり掴むのが、デッサンには必要だったことを最近よく思い出します。

それに良い、悪いという観念の世界から抜け出ると「私は愛である」という意識に戻ることができるのだそうです。大いなる自分、宇宙意識とかそういったものでしょう。ワンネスでしょうか?

     ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
――――――――――――――――――――――――――――――――――― 


        
投稿日:2009/05/06
TR(0) | CM(0) | 子育て | Page Top
Playing For Change
みなさんはこのGWはどのように過ごされているのでしょう?我が家はパパさんが長期出張のため、エネルギーいっぱいの二人のチビオ君たちのお世話の疲労が出て来たのかちょっと体調不良でした。おかげでたくさんの睡眠が取れました。インフルエンザも充分な睡眠を取って、免疫力を高めるのが効果的のようですから、あまり報道から恐怖心を起さないようにしたいですね。

そんな中、以前の記事で紹介しました「ONE LOVE」がシリーズものだと知り、ちょっと嬉しくなったのでまたご紹介します。

今回は「Stand By Me」です。



サイトもありました。"PLAYNG FOR CHANGE"

世界のどこかの街でストリートミュージシャンらしき人々から録音されているようです。いろいろな楽器、さまざまな歌声が徐々に加わっていき多元的になっていくのが快感です。そしてやっぱり「ワンネス」を感じます

     ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
――――――――――――――――――――――――――――――――――― 


投稿日:2009/05/06
TR(0) | CM(0) | ワンネス(一つの命・一つの心) | Page Top
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © コズミックダンス2012 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。