プロフィール

mimu

Author:mimu
日々、丁寧に生活したいと思いながらも、二人の小さな男の子の育児生活で、千本ノックのような日々を過ごしています。             (^-^:)

「魂」は永遠の存在であること、宇宙がルーツであること、すべてがワンネスであることをベースに、続けたいと思います。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
銀河鉄道の夜
少し前に宮澤賢治の記事がありましたが、私は「銀河鉄道の夜」を最後まで読んだ記憶がないのですが、プラネタリウムで上映されているのを知り、ちょっと読み直してみたくなりました。時間をとれるかは分からないけれど。。。

私は今、子育てというお役目を授かっていますが、妊娠してから6年近くぐっすり眠れていなかったり、もともとの気質?に加えて子育ての気ぜわしさもあるのか、アーユルヴェーダでいうとこのヴァータが増大してしまっているのを感じます。

ところが現代社会の人々は「ヴァータ」という風の要素が悪い方に増幅しやすい時代なのだそうです。風のように、すべての流行が入れ替わり変わっていくからだそうです。しかも時間の加速に共ない、今までの常識が通用しなくなって、それこそエントロピー増大な感じですものね。

こちらの映画、私にとってはヒーリング効果がありそうです。青い光、澄んだような心地よい冷たい光を浴びたような、鎮静効果が期待できそうです。ちなみに悪い方向に増幅した風の要素をアーユルヴェーダ的に修正する方法が<聴覚>と<触覚>にアプローチすることなのだそうです。音とタッチ(触れること)。

音楽はヒーリングミュージックのようなジャンルのものも使われている感じです。<触覚>は子供を抱っこして一緒に観るといいかもしれませんが、ちょっとまだ早いかなぁ?

それと今思いついたのですが、ペットボトルに水を入れて凍らせたものをタオルで包んで、首の後ろに当てながら観るのもいいかも!と育児ママはいろいろ考えます(笑)脳を冷やすことができるのでいいみたいですよ!鬱病に効果があるような話も聞きましたし、なにより私自身が9度以上の熱を一晩で下げて、翌日お目当てのファミリーコンサートに連れて行くこともできたくらいです


「銀河鉄道の夜」に戻りますが、やっぱりKAGAYA氏のものでした。今までいろんなところで画像は拝見してきましたけど、映画もあるのですね。プラネタリウムで高画質で観てみたいDVDもあるようです。


KAGAYA Gallery  見入ってしまいました。「銀河鉄道の夜」(この映画)も人物が登場しないようなので、観る人の想像力が働くスペースがあっていいですね。


「銀河鉄道の夜」予告編

 星と地球のビデオノート(KAGAYA紹介)

やっぱりペンタブレットが欲しくなりました。でも手描きも好きです。パステルとか指でぼかした感じとか水彩の偶然の色の重なりとかも。「好き」が多過ぎて、なにごとにも優先順位をつけるのに迷うタイプです。そうしましたら、私の誕生花の花言葉は「恋ではないけど好き」だそうです(笑)



宮澤賢治は「銀河鉄道の夜」で「本当の幸福」とは「無私の献身に生きる愛」であることを描いたのだそうです。

カムパネルラのように「自己犠牲の献身」にまで到達できなくても、お互いを助けることを基準に生活できれば、急速に今の時代は変化できるはずなのに。。。なんて思うこともあります。すべては自分の内なる世界の反映とは言っても。

友達とも、今の一見この便利な世の中、子育中の身にとってハンディキャップを背負っているような気分になる時あるね~などと言ったりして笑いました。子育てに限らず、それこそ障碍と言われるものをあえて選択して生まれて来た人々やそのご家族、ご老人、病気の人々、その他あらゆるすべてについても言えることでしょうけど。

もちろん魂が選択してきているものがあるにしても、「相互扶助」「繋がり」をベースに生活ができたら、それこそ「恐れ」は自然消滅、自己実現(楽しいこと)もみんなが出来て、たくさんのエネルギーが流れていくのでしょうね~。そこには自己を鍛えるような要素は残るのでしょうけど。。。


アニメの「銀河鉄道の夜」の映画もありましたね。音楽良さそうですね近くでプラネタリウムの上映をしていないようなので、まずは子供とこちらを観るのも良さそうです。

銀河鉄道の夜 By といぼっくす(細野晴臣トリビュート・アルバム)




ところで「銀河鉄道の夜」のように銀河を旅するよりも、地球をうっとりとそして真摯に?眺めているイメージがいつの頃からかありますねみなさんはどうなのでしょうか??

     ブログランキングに参加しています。
     


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
投稿日:2009/07/25
TR(0) | CM(0) | 日々の出来事 | Page Top
「コロナ」と「ミロク」
今日は皆既日食ですね。太陽、月、地球という三つの星が一列に並びます。そして他にも、マヤ暦のツォルキンカレンダーでは、260日周期の260日目が、まさに7月22日だそうです。

何か新しいエネルギーの動きや、もう必要のなくなった物事が崩壊に向かうエネルギーがさらに加速しそうですね。我が家は子供たちが夏休みで一日中ずっと一緒なので、体力気力共に養いたいところですが、ほんと子供はパワフル!エントロピー増大する一方です

エントロピー増大の法則とは、「常にエントロピーが大きくなる方向に(つまり秩序→無秩序の方向に)進む」という法則だそうです

自然に近い存在だから仕方のないことですが、時にはそのエネルギーの増大を収縮させる必要がある社会ですから、お母さんってほんとパワーがいるのですね。。。この頃はいかに自分の心身を安定させるかが問われています


609px-Solar_eclips_1999_4_N.gif
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Solar_eclips_1999_4_NR.jpg



さて皆既日食というと、月と太陽が重なった時の「コロナ」を思い浮かべますが、この「コロナ」についてkeikoさんのblogに気になる記事をみつけましたのでリンクさせて頂きます。

アセンショントーク その2


「コロナ」と「ミロク」。音的にも字面的にも気になります。


「567」は日月神示では「ミロク」と呼ぶのですよね?「末法の世」に衆生を救うために降臨する弥勒菩薩。56億7千万年後に現れるというお話は有名ですが、このような見方もあるのですね気づかなかったです。


「末法の世」
多次元的思考が全くなくなってしまって、3次元オンリーな世の中のこと。
物質がすべての物質MAXの世。
今の地球のこと。


7月22日以降、陰が極まり、陽へ転じるのでしょうか?きっとエネルギーが先で、物質界(現実)には遅れて現れるという自然界のルールが働くのでしょう。


「多次元的思考」を思い出したいですね。私の周りにも思い出しそうな人がいました!子供の時よく見ていた光景らしいのですが、寝ている時に右目にチラチラっとマヤ文字のような象形文字のようなものがいくつも目の前に現れるのですが、それが遠くからどんどん近づいて来るのだそうです。でも、やっぱりちょっと怖いらしくシャットアウトしてしまうそです。

私も寝ている時にふと風のような音(嵐?)と共に何か色彩やら形が見えるような感じがするのですが、やっぱりシャットアウトしてしまうみたいです。近々、見える時が来るかもしれません


そういえば寝る時の『「北枕」は死んだ人』縁起が悪いというのは、何かの封印だなんて聞いたことがあり、最近北枕で寝てるのですが、なんだか気持ちがいいですよ。ただ窓が近いからという理由もありそうですけど。

お釈迦様が亡くなった時に北枕だったことから、そのようなマイナスイメージを植え付けられてしまったようですが、お釈迦様は普段から「北枕」でおやすみしていたそうです(笑)

なぜ「北枕」がいいのかという諸説はいろいろあるそうです。調べると面白そうですネ。「北枕」なんとなく効力がありそうですが、どうなんでしょうね?



     ブログランキングに参加しています。
     


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
投稿日:2009/07/22
TR(0) | CM(0) | 日々の出来事 | Page Top
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © コズミックダンス2012 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。