プロフィール

mimu

Author:mimu
日々、丁寧に生活したいと思いながらも、二人の小さな男の子の育児生活で、千本ノックのような日々を過ごしています。             (^-^:)

「魂」は永遠の存在であること、宇宙がルーツであること、すべてがワンネスであることをベースに、続けたいと思います。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
インフルエンザワクチン
我が家の子供たちが通う幼稚園でも新型インフルエンザに数名が罹り、運動会の前の時期であったこともありしばらく休園になりました。

それまでは、インフルエンザワクチンのマイナス面の情報もあったので予防接種は全く受ける気持ちはなかったのですが、その後の保護者会、医師でもある保護者の方の話、その場の恐怖心の影響もあり、喘息でもある我が家の子供たちのことを思うとワクチン接種をしたほうがいいのではないかと思うほどでした。

みんな「子供を守れるのは親だけ」という気持ちで受けるので、もっとマイナス面の情報も伝えて欲しいと思います。

恐怖による「集団心理」を感じました。メディアでは相変わらずの恐怖心を煽る内容ばかりが目立っているようですよね。もっと免疫力をアップして、笑って楽しく過ごしましょう!とかニュースでアナウンサーが発言しちゃえばいいのに~と思いますけど。あまりに義務的な表情で言われると、見ている者もココロが冷えそうです。お仕事柄そうもいかないのでしょうけどね。

いろんなところで、こちらの映像が紹介されていますね。

2人の医師による取材映像
  『待っ て!そのワクチン本当に安全なの?』 10分ダイジェスト版


山本医師(大阪赤 十字 病院)による、医療現場の概況とデータ提示

「新型は 基本的に恐れる必要はない。怖いのはむしろデマ宣伝 と迎合する専門家。冷静に科学的に対応することが重要。」


母里啓子医師 元国 立公衆衛生院駅学部感染症室長のワクチン不要説

「インフルエンザは、病気そのものではなく、政策です」
「インフルエンザワクチンは、一番いらないワクチン」
「インフルエンザはドル箱』
「日本は世界の70%のタミフルを使い続けている」


お医者さんの立場でこのようにはっきりと危険性などについて発言して頂けて、心強いですね。母里医師は書籍も出版しているので、読んでみようと思いましたら、先日図書館で借りてきた本も、編集代表のうちの一人が母里さんでした。名字からしても信頼感あります

「予防接種とは、ウィルスや細菌の毒素を弱めてつくったワクチンで軽い病気にかけること」だそうですから、人によって状況によって副作用のある毒物なのですから、あまり安易に言われるがままに何回も接種するものではなさそうです。

でも、子供がいるとどうしても不安になりますよね。恐怖心を持つのが、一番本来の自分から離れて判断力が鈍り、免疫力も低下しそうです。やっぱりたくさん笑って、陽の光の中で子供たちと遊ぶのがいいのかなと思います。

最近、産まれた時から荒れていた?長男が嬉しい言葉を言いました。

「なんで地球の空は青いんだろう?なんでオレンジとか白じゃないのぉ?今日のお日様の光はうっとりとろり(ある絵本に出て来る言葉)だぁ~。」と感慨深い感じで嬉しそうに言っていて、私は車の運転中で後部座席の子供の表情は見ることができなかったのですが、

気になったので、その夜寝る前に「今日のお日様、どんなふうに感じたの?」と聞くと、「う~ん、僕の中の光が、僕の中に戻ってきた。」と柔らかいトーンで発すると、すぐに寝息を立てて寝てしまいました。

私はその言葉を味わい、じんわりとハートから広がってゆくのを感じ、暖かい涙が出て来ました。

「涙」→サンズイ+戻る  3は絶対三神も表しているようで、本来の自分に戻ったのかな?バラバラに引き裂かれていたものが、自分なりに統合できたのかな?良かったなぁって思いました。それに「すべては私たちが信じることに戻ってくる。」という言葉もみつけました。「戻る」繋がりです。

バーストラウマとか妊娠中の私の状態とか、この3次元と言われる地球の不自由さ?とか(笑)、それこそ今まで受けてしまったワクチンの影響とかいろんな要因があるのかな?と気になっていたのですが、最近になりようやく落ち着いてきました。

お日様の光、やっぱり凄いです


こちらのサイト、参考になります。

ワールド・ブロガー協会
ブロガーの発表する権利と、読者の知る権利を守るために
http://www.worldblogger.net/


     ブログランキングに参加しています。
     


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

スポンサーサイト
投稿日:2009/10/25
TR(0) | CM(9) | ワクチンについて | Page Top
鼓動が奏でる音楽
ふぅ~やっとブログを更新できます。私のほうは、この2学期から次男が満3歳児クラスに入園し、また幼稚園グッズの作成、暫くの半日保育の送り迎え、長男のお迎え後の外遊びの付き合い?、園に慣れるまでの私と二人っきりでいる時間の「ぐずり」で、また抱っこの日々でグルグルしていました。


やっと1日保育が始まったと思ったら、二人とも体調を崩し、今日は幼稚園をお休みしていました。新型インフルエンザも幼稚園で感染する子も出て来ました。小さいお子さんをお持ちの方々、まして妊婦さんは心配ですね。でも、あまり心配しないほうがいいんでしたね(笑)。ママ友達で新たに妊婦になる人が多いので、夏休み明けは「3人目できたぁ~?」といきなり聞かれて、「もうあのツワリには耐えられない。。。」と答えました(笑)。


一人の時間が少しでも持てるようになり、思わずバタンッと大の字に横になると、日々の疲労感もあってなのか、すぐに心臓の鼓動音が大きくなり、身体が暖かくなり眠る直前のような状態になります。そうして、鼓動音に合わせて身体中を血液が勢いよく駆け巡るのを感じながら、自分がその血液の流れの中に溶け出し、天と地へと編み込まれて一体になってゆくイメージが出て来ます。


血液って、「火」と「水」が融合しているイメージもあります。


私にとっては心臓の鼓動音はとても気になっているものなのです。なぜかと言いますと、自分にとっての至高体験と思われるものを体験した時に、「鼓動音」が初めの入り口のようでもあったからなのです。


それなので、下記の文章にとても共鳴したのです。なんとマイケル・ジャクソンの語ったものなのだそうです。

Speech at Carnegie Hall, New York 2001 より一部紹介

『音楽には2種類あります。

ひとつは 、 ギターの弦が奏でるものと、もうひとつは心が奏でるものとです。最初に述べた音楽とは室内管弦楽団が奏でるもので、後に述べた音楽とは、心臓の鼓動から奏でるものです。

最初に述べた音楽は黒鉛と木材からできる楽器が奏でるもので、後に述べた音楽は肉と血の器官が奏でるものです。

今夜させていただくこの高尚な音楽についての話は、もっとも才能のある作曲家の曲よりも喜ばれ、音楽隊よりも感動し、賛美歌よりも調和が取れており、 世界のすべてのパーカッション楽器を合わせたよりも力強いものです。

それは 愛という名の音楽です。』



ぜひお子さんをお持ちの方にも読んで頂きたいなぁと思いました。我が家は毎晩、絵本を読み聞かせしているのですが、なんとなく子供の心が安定するのを感じます。これは他のママ友達も話していました。「鼓動が奏でる音楽」とも言えるものなのかもしれないですネ


こちらにマイケルのスピーチ内容の記事がありますので、ぜひ読んでみてください。↓

「Simple life」 私たちが失くした音楽
http://zophielsnowhite.blog4.fc2.com/blog-entry-114.html


ちょっと不可解なマイケルの死でしたが、こんな情報もあるのですね?音楽の力で世界を変えようとしたジョン・レノンのことを思い出してしまいました。。。


私の友達が、マイケルが来日した時に彼に会ったのだそうです!それはわりと夜遅い時間、当時の青山ブックセンターで!どこからかもの凄く巧い綺麗な天使のような英語の鼻歌が聞こえてきて、はっとしてその声の主を見たら、マイケルだったそうです!最近の残念なニュースでも、彼はよく即興で鼻歌を歌うとありました。

追記
友達にその時の事を再度聞きましたところ、時間帯はお昼~夕方前くらいで(全然違う)、真夏なのに全身皮ジャンにマスク姿。子供たちに話かけていて、店内に10人もいないお客と記念撮影のサービスに応じていたそうです。

物腰もソフトで、優しい人柄に感じたとのこと。本人もまるで少年のような振る舞いだったよう。鼻唄も、最初はまさか人の声ではなく人工的な音、オルゴールかと思ったくらいだそう(笑)。それだけ透明感があったのでしょうね。友達も人のものとは思えない音程と濁りのない声だったと思えたそう。その時は、曲名は忘れてしまったけれど、ビートルズの曲だったそうです。

友達はなんて素敵な時を過ごしたのでしょう!彼女も、上の情報は知っていました。。。


メッセージ性の強いこのような曲もあるのですね。
「Earth Song」  “ 無関心はやめてくれ
               もっと関心を持ってくれ ”



「心臓はもっとも人間的な器官であり、同時にもっとも神的な器官でもある。」

「完全な人間においては、心臓は第7の感覚であり、生命感であり、生きることの感覚である。」
            ディートリッヒ・ギュンベル


鼓動音、心臓、ハート、ますます気になります。


egyptian.jpg
「米シカゴのフィールド博物館が所蔵する古代エジプト女性の胸像」

「石灰岩製。新王国時代(紀元前1550~同1050年)に作られたとみられる。マイケルさんの死後、顔がマイケルさんに似ているとファンのブログなどで評判となり、博物館を訪れる人が増えた。」というニュースがありました。可憐な感じですね!

     ブログランキングに参加しています。
     


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
投稿日:2009/10/02
TR(0) | CM(2) | マイケル・ジャクソン | Page Top
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © コズミックダンス2012 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。