プロフィール

mimu

Author:mimu
日々、丁寧に生活したいと思いながらも、二人の小さな男の子の育児生活で、千本ノックのような日々を過ごしています。             (^-^:)

「魂」は永遠の存在であること、宇宙がルーツであること、すべてがワンネスであることをベースに、続けたいと思います。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
音・響き

今回の記事は、bibigpapaさんのブログで知ったメルマガ『奇跡を呼び込むS氏の能力開発!』より転載させていただきます。とても共感できるし、なんだかワクワクした気分になりました。

私は「響き」とか「音」とかがとっても気になります。
「色彩」もなんでも波動、エネルギーであるようなので、すべてにおいて繊細、精妙な感覚をキャッチできるようになりたいなぁと思っています。

私は初めての出産の時、陣痛はまるで遠い遠い宇宙から、でも自分の内的なスペースのようなところからどんどんどんどん大きくなってやってきて、痛みのピークは身体中でもの凄い大きな音が鳴り響いてるように感じました。

なので、二人目の名前は「宇宙の音」をイメージしたものにしました。

では、早速どうぞ。

ここから★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆

 皆様、こんばんは。


 北朝鮮へのアメリカの対応も、社保庁の新たな年金の問題も、
異常な物価高も、政府の愚策が招いているようです。

 国民を守るためにある政府なのに、無駄使いのツケを国民に
負わせて、外交や年金の無策のツケも国民に負わせる!のです
から、政治は断末魔の状態です。

 「さぁーみっと」もない状態で「サミット」まで漕ぎ着けても、
祭りなのか、後の祭りなのか、みこしを担ぐにも力不足は困ります。


 それでは、読んで下さい。


≪サイコスフィアまたはバイブレーションの繭(まゆ)とは?≫


 『超巨大「宇宙文明」の真相』の本には、アカシック・レコードと
思われる記述があります。

 その箇所を抜粋します。

======================================

各惑星の周りはその創造以来、光速の7倍で回転するある種の
サイコスフィアまたはバイブレーションの繭で取り囲まれている。

この繭は、いわば惑星上のすべての出来事を完全に吸収する
吸取器のように作用する。

地球上の我々には繭の中味にアクセスすることは不可能で、
その中の“ストーリー”を読む術(すべ)はない。

  中  略

問題は波長よりもむしろ繭のバイブレーションに合わせる事にある
という。

宇宙の不可欠な部分をなしている人間には<アストラル体>がある
のでそれが可能である。

=======================================


 このサイコスフィアは明らかにアカシック・レコードのことです。
東洋的に言えば、虚空蔵のことです。

 この「虚空蔵」とは、サンスクリット語のアーカーシャガルバの
ことで、神智学のブラバッキー女史や人智学のシュタイナーが
「アーカーシャに参入する」と本に書いていますので、彼らが、
アーカーシャという言葉を使ってから、西洋では、アカシック・レコード
になったのです。

 アカシック・レコードとは、虚空蔵のアーカーシャガルバが由来
なのです。

 ですから、西洋がその概念を知る何千年も前に東洋にはその
概念があったのです。


 空海は、その虚空の空間に入ると「五大に響きあり、十界に
言語を具す」(物質と精神には響きがあって、それぞれに言葉を
用意している。)

 と、書いていますが、「虚空蔵」のアーカーシャの音を聞くという
体験が、繭のバイブレーションに合わせること!を示唆している
ようにも思われます。


 空海は、仏教の教えで「虚空蔵」の概念を知り、さらに、釈迦は
古代インドからの伝承で知り、古代インドには、何万年も以前から
存在していた古代の叡智が残されていたのです。

 
 つまり、古代の文明の叡智が、古代のインドに伝へ、それが、
虚空蔵の仏様に転化して、何千年も経過しても現代にその叡智の
痕跡が継承されているのです。


 虚空蔵ですから、宇宙の虚空に存在する叡智、蔵とは、天海蔵
などでも知られていますが、図書館のことです。蔵書という言葉も
あります。


 少なくとも2500年前に、宇宙に地球の歴史をすべて保存している
データベースの様な図書館がある!という概念を持つことは
不自然なことですから、それを抽象化して、記憶や知識の菩薩に
なったものと思われます。


 歴史学者や、科学者は、そんなことは考えられない!と、
一笑して、受け入れない考えになっていますが、古代に進んだ文明の
存在が認められれば、納得できるものです。

 サイコスフィア=バイブレーションの繭=虚空蔵=アカシック・レコード
=意識のデータベース=人類の集合無意識・・・。

 色々呼び方は違いますが、3次元の物質界には存在していません。
 
/////////////////////////////////////////////////

 宇宙の「虚空蔵」は文字通り「虚空を蔵する」の意で、虚空蔵
菩薩とは広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩、
という意味です。

 そのため智恵や知識、記憶といった面での利益をもたらす
菩薩として信仰されてきました。

 その修法「虚空蔵求聞持法」は、一定の作法に則って真言を
百日間かけて百万回唱えるというもので、これを修した行者は、
あらゆる経典を記憶し、理解して忘れる事がなくなると言われてお
ります。


 記憶力増進を祈念する修法「虚空蔵求聞持法」で用いられる
「ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリキャ マリ ボリ ソワカ」
 (Namah Ākāśagarbhāya, OM arika mari muri svāhā)
が知られています。

///////////////////////////////////////////////////////

 
 ですから、私は、この求聞持法の真言だけは別格に思って、
「能望」と名づけて、皆さんに実践を勧めてきたのです。

 音の響きの観点からも、エネルギーの上昇という観点からも、
現代の科学では考えられない叡智を感じるので勧めてきたのです。

 空海が体験して偉大な天才になった音の響き、天才へ導く
バイブレーションを皆様に勧めてきたのです。


 サイコスフィアまたはバイブレーションの繭は、いわば
惑星上のすべての出来事を完全に吸収する吸取器のように
作用する!となっていて、地球の周りに存在しているように・・・。

 
 人間にも、個人の過去世の体験のすべてを記憶している
アストラル体があり、サイコスフィアと相事象になっています。


 ですから、アストラル体に働きかけることが、サイコスフィアにも
働きかけることになると思います。


 アストラル体に高いエネルギーのバイブレーションを響かせる
のです。


 内なる叡智に働きかけることが、アカシック・レコードにもアクセス
することにもなるのです。


 アストラル体に害になり、ダメージを与えるのが騒音で、騒音は、
脳や生理体、アストラル体をひじょうに危険なバイブレーションに
さらしている!と、本にも書いていますが・・・。


 この音を大切にする概念は、観音様という仏様がおりますが、
音を観るですから、アストラル体に、ダメージを与える騒音の概念も
重要視していたから、観音様やお経などがあるものと思われます。

 
 ちなみに、今年は、子(ねずみ)年なので、千手観音が守り本尊に
なります。

 千の手に目がついているのですから、アストラル体の様な
情報網にも思えるし、アストラル体を騒音やマイナスの波動から千の手が
守っているようにも思われます。


 母なる地球と子なる人間の記憶のデータベースに共通している
アクセス・コードの核心に迫る追求ですから、2008年は色々なことに
気づかされます。


 音といえば、白隠禅師の、隻手(せきしゅ)の声という禅の公案が
有名ですが。隻手とは片手のことです。この隻手の声がわずかでも
耳に入る時には、超能力(六神通)を得る!と、なっております。


 これは、静寂な境地になり、次元を超越したところから、ヒラメキや
直感の声を聴くということではないでしょうか。


 ひらめきや直感の声というのは、疑問に思っているものが瞬時に
分かったり、迷っていることを教えてくれたり、そして、「なるほど!」と、
気づかせてくれるものです。


 さらに、超能力(六神通)を得る!ということは、内なる叡智、つまり、
真の自我=大いなる自己への目覚めであり、

 さらに進んで、創造主の「悟」(アー)、大宇宙意識の「無」(ムー)と
いう根源の波動との一体化だと思います。

 創造主とは、ブラフマンであり、大日如来であり、阿弥陀仏であり、
涅槃寂静の境地であり、統一場でもあります。


 倍音を聴いていると、「静かさや岩に染み入る蝉の声!」という、
芭蕉の俳句が浮かんできますが、「せみしぐれが岩と一体化!」
して、大自然に溶け込んでしまい・・・。

「自分も大自然と一体化!」している芭蕉の心情に共感してきます。

 芭蕉は「せみしぐれ」の声を聴いていて、心と音の響きと一体化し、
瞑想状態になり、脳波はシータ波になり、次元を超越して、ひらめき
創作できたのではないでしょうか。

 「古池や蛙飛びこむ水の音」の俳句も、作者は、音を観るごとく、
心情を深めていて、音の振動が観えるように伝わってきます。


 松尾芭蕉は蕉風と呼ばれる芸術性の高い句風を確立し「俳聖」と
呼ばれて俳句の世界では、誰もが知っている歴史上の人物です。


 五十音の倍音のバイブレーションは、アストラル体を修復し、
次元を超越したところから、ヒラメキや直感の声を聴くことができる!
と、確信しています。

  現代の騒音だらけの環境下で、エネルギーレベルの高い音の
響きと一体化して、アストラル体を修復し、望ましき現実を招いて
下さい。


有難う御座いました。



ここまで★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆


いかがでした。精神世界的なことにあまり興味がない方でも共感して頂けるのではないでしょうか?

「音」については、よろしかったらこちらの記事もご覧になってみてください。





ブログランキングに参加しました。
←1クリックして応援おねがいします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

スポンサーサイト
投稿日:2008/07/06
TR(0) | CM(2) | アセンション | Page Top
アストラル体の勉強
こんばんわ^^;

久しぶりに来ました。意識の高速ドライブって感じですね^^;

ちょうど、アストラル体の事を勉強したいと意識していたので、

シンクロニシティとして、貴方のブログに来たのかな?

自分のブログでは、アセンションの入門の記事をアップし始めました^^;

今は、いい時代ですね^^;

ブログを最大限活用してアセンションを加速したいと思います。

2008-07-07 00:22 : まさ URL : 編集
Pagetop
>Re:まささん
ご訪問、嬉しいです^^

ぜひアストラルのことを学んで、教えてくださいね!
シンクロが起きると、なんだか勇気をもらったような嬉しい気分に
なりませんか?「あっ、このまま進んでいいんだな」的な。
私も嬉しいです。

アストラル体に働きかける=サイコスフィアに働きかける=
ワンネス(統一場・宇宙)ということなのでしょうね。

芭蕉のように心と音の響きと一体化し、次元を超越してひらめきを得て、
この現実を創造していきたいなぁと思います。^^
2008-07-07 02:03 : mimu URL : 編集
Pagetop
Secret

 TrackBack
TrackBackURL
→http://goldendoor.blog35.fc2.com/tb.php/31-b125d05d
Pagetop
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © コズミックダンス2012 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。