プロフィール

mimu

Author:mimu
日々、丁寧に生活したいと思いながらも、二人の小さな男の子の育児生活で、千本ノックのような日々を過ごしています。             (^-^:)

「魂」は永遠の存在であること、宇宙がルーツであること、すべてがワンネスであることをベースに、続けたいと思います。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
宇宙のダンス1
前回のダイアモンドリングの映像を観て、「もどってきたアミ」の好きなシーンを思い出しました。このblogタイトルと同じ名前の章でした。弟4章「宇宙のダンス」より抜粋させて頂きます。


ginga.gif


◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

円盤が軽く振動した。
 
強烈な黄色い光がそうじゅう室の中をいっぱいに満たした。光は黄色からバラ色へ、さらにむらさき色へと変わり、明るい水色になった。

さいごに目のくらむような白色光になったかと思うと、とつぜんパッと消えた。そしてたえず変化しつづける外からの美しい反射光だけが、内部を照らしていた。


「まどの外を見てごらん」


ぼくたちは立ち上がってまどべに近づいた。外の光景は、鳥はだが立つほどすばらしかった。さまざまな色の光をはなつずばぬけて大きい星の大集団が、天空いっぱい螺旋状にばらまかれていた。

その一つの光の断片が、ゆっくりと動きながら遠のいていった。それは七色の光をはなつけむりのうず巻きのようだった。恒星、彗星、惑星…、色とりどりのくもはまるで綿菓子のようにも、燃えているガスのようにも見えた。

そして、まぶしい光の線(フィラメント)が長くのびると、うずを描きながら天空に吸いこまれるように消えていくのが見えた。


巨大な螺旋状のものが、まるで生きているかのようにどんどん大きくなってゆき、その中に点在する光が花火のようにパッと炸裂してはちって消えていった。

    ~つづく~



◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉  ◉

ひらがなを多く使っていたり、読みがながもふってありますので、ぜひお子様にもおすすめです!我が家の御チビ君たちには、まだちょっと早そうです

     ブログランキングに参加しています。
        ←1クリックして応援おねがいします。



お金のいらない社会へ~ある一つの方法のご案内~
ACN 2012 Ascention Dream Team



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――  




スポンサーサイト
投稿日:2009/02/28
TR(0) | CM(0) | 不思議なこと | Page Top
Secret

 TrackBack
TrackBackURL
→http://goldendoor.blog35.fc2.com/tb.php/67-614324cd
Pagetop
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © コズミックダンス2012 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。