プロフィール

mimu

Author:mimu
日々、丁寧に生活したいと思いながらも、二人の小さな男の子の育児生活で、千本ノックのような日々を過ごしています。             (^-^:)

「魂」は永遠の存在であること、宇宙がルーツであること、すべてがワンネスであることをベースに、続けたいと思います。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ちっちゃな手
今日は64回目の終戦記念日でしたね。私は子供を産んで母乳を与えながら、ちっちゃな手をギュッと自分の手で包み込むと、胸がキュンとなり母乳がさらに絞り出されるような感じがよくしたものです(笑)。

あの授乳タイムはお互いがとても満たされている時なのですが、時々、こうして育てた我が子を戦争で失う体験をした親が、過去にも今も存在するのだな。。。と思うと、自分には想像もできない悲しみなのだろうと感じました。

子供の小さな手を握るとなんとも言えない愛おしさがほとばしる感じです。小さな手に「チュパチュパッ」と言ってkissをすると「キャキャッ」と笑うのがなんとも可愛らしいですよね。

私は妊娠、出産を経験して、他の子供も可愛いと感じられるようになりました。妊娠する前も小さな子は可愛いと感じることはありましたが、産んでみると、その感覚がもっと多様に拡大したような感じがします。

男の子を育てているので、自分の中の男の子の部分ももしかすると成長しているのかもしれないと感じる時があります。とくに世の「オジサン」と言われる方々を見て、以前は自分と全く違うように感じていましたが(笑)、今では、みんな最初はこんな赤ちゃんだったのだと思うと人類みな兄弟という感じが実感できます

以前はオジサン方の突然の大きなクシャミに驚いて飛び上がるほどでしたけれど、、、正直、ちょっとムカッときてましたが(笑)「なんでそうなるの?」と。さっきから「オジサン」を連発していますが、誤解のないように言っておきますと私は「オジサン」という言葉、なんだかユーモアがあって好きなんですけどね。。。

今の社会システムを管理しているのは良くも悪くも大人の方々、「大きい手」の方々ですね。地球に生まれ落ちた時はみ~んなちっちゃな手をしてたのですからね。きくちゆみさんのblogにそんな小さな手について語られた詩があったので掲載させて頂きますね。



<小さな手>  ヒデマル

あなたは今そばにいる小さな手を握っていますか?

あなたは、世界中にいろんな色の
小さな手があるのを知っていますか?

あなたは、このいろんな色の小さな手の
夢や希望や未来を考えたことがありますか?

この「いろんな色の小さな手」は
この世に生まれてきた時はみんな同じはずなのに、

「心ない大きな手」によって、数秒後、数分後、数時間後、
そして数年後には、夢や希望や未来を奪われてしまっています。

もっと飲みたい、もっと食べたい、もっと学びたい。
そしてもっと生きたい!!

聞こえますか?小さな手の叫びを。

それなのにその小さな手の願いは届かないことがあります。
今のままではわずかに残った小さな手さえも時が経つにつれ
「心ない大きな手」になってしまうかもしれません。

でも「心ない大きな手」のすぐまわりにも
きっと小さな手がいるはずです。

その小さな手を握って考えてほしい、想像してほしい。

この世の中の小さな手には何の罪もないのです。

想像してください。

もしもあなたが今握っている愛しく、
大切な小さな手が突如、
理不尽な理由で奪われたならどうしますか?

そうならないためにどうするべきか。

小さな手は隣にいる小さな手が
たとえ国や色や文化が違っても
必ず手を差し伸べつなぎあうでしょう。

大きな手にはできない良いことを
小さな手は何でもしてしまうんです。

「心ない大きな手」も昔は必ず小さな手だったはずです。
思い出してみてください。

小さな手だったころの夢や希望や未来を。
その小さな手を握ってくれた優しい大きな手を。

世界中の小さな手のために、世界中の大きな手が今、
手をつなぎ優しい大きな手になれれば、
きっとまだ間に合うはずです。

そのために何ができるのか。
あなたの隣の小さな手を握って考えてみてください。

もしすぐに何もできなくても感じるはずです。
優しい気持ち、穏やかな気持ち、愛しいきもち、
そしてそれを守りたい!と想う気持ち。

その気持ちをみんなが持てればちょっとづつでも
小さな手の夢や希望や未来が叶うはずです。

どうか小さな手を守れる大きな手になってください。
僕はなりたい、小さな手を守れる大きな優しい手に。



我が家の2番目の子はまだまだちっちゃな手をしています。私が仰向けにゴロンと横になっていたら、「ママぁ~、いいこいいこぉ~」と言いながら、その手のひらで私のおでこをナデナデしてくれたのですが、このちいさなつるすべお手てで撫でてもらうと、「ホォ~~」と天にも昇るような心地よさが走ってびっくりしました。

そして私は本当に自分が「いい子」になったような気持ちになり、思わず猫のように丸くなってしまいました(笑)。確かに小さいな手には凄いパワーが秘められています。

face.gif

そしてこんな寝顔も、子育てのご褒美。パワーのもとになっています。


     ブログランキングに参加しています。
     


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ←クリックで救える命がある
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
投稿日:2009/08/15
TR(0) | CM(0) | 子育て | Page Top
Secret

 TrackBack
TrackBackURL
→http://goldendoor.blog35.fc2.com/tb.php/93-2858edbf
Pagetop
Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © コズミックダンス2012 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。